2005年11月10日

Make My Day!

昨日の日記に書いた会話中の指カッコですが、ルームメイトに聞いたらバンドメンバーの言っていることとはまた別のことを言われました。先生が授業でこの指カッコを使うときはそれが重要な言葉だったり、あるいは生徒は知らないだろうという前提で使う指カッコだったり…。ルームメイトも「説明するのは難しいな」と言っていたのですが「ややこしくなるから指カッコは使うな。それが一番いいよ。」ってことで話は丸く収まりました(笑)。

もうひとつ英語のお勉強。今日は「Make My Day」です。先日とあるバンドのライブ音源を聴いていたらオーディエンスが「Make My Day!」と言っていて「これはどういう意味なんだろう?」と思いルームメイトに聞いてみました。Make My DayはMake the Day Goodが崩れて出来た言葉だと言っていました。Make Me Happyも同じような意味です。1日で一番幸せな、最高なこと(になる、にする)という意味になります。例文としてルームメイトが言っていたのが
A :「I'm gonna get some beers.」
B :「That makes my day.」
ルームメイトは酒で例文を作ると僕が理解しやすいことを分かっているようだ。

今日は何位でしょうか?

近所の真っ赤に紅葉した葉がほとんど落ちていました。夜は相変わらず寒いです。今日はベースラボがあったのですが授業中に僕の携帯電話がなってしまいました。いつもはサイレントモードにしているのですが今日はし忘れていて鳴ってしまいました。しかもクラスメイトが演奏している最中に鳴ったので申し訳なかったなと。友人からの電話でしたがもし数分早く電話が鳴っていたら僕が演奏中だったためかなりテンパったと思います。携帯止めないといけないけど演奏を止めることはできないし…どうしよう、みたいな感じですね。明日はVeterans Dayのため学校が休みです。金、土、日曜日と3連休になります。2週間後にはThanksgivingがあります(木、金、土、日曜と4連休)。Thanksgivingが終わるともうファイナルが目の前なんですよね。先週ミッドタームが終わったばかりなのにもう学期末がそこまで近づいています。早いなぁ、なんて感心している場合ではありません。さぁ勉強!勉強!

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

会話中の指カッコ

seesaaメンテ終わったとか言ってますがメチャクチャ重いです…。更新ページは全く開けないし、写真1枚すらアップできない…。何処のブログもメンテ後の使い難さは一緒なのかな?

日に日に葉っぱが散っていくボストン。夕方からは雨が降り出し道路に敷き詰められた葉っぱは濡れていました。濡れ落ち葉なんていう比喩表現がありますが、あれ誰が考えたんでしょうね。昔バイトしていた頃パートのおばちゃんたちがよく「濡れ落ち葉、濡れ落ち葉」って言っていたので覚えてしまいました(笑)。僕もいつかはそう言われるのだろうか?

車内からの動画です(Cラインワシントンスクウェア近辺)

今日は何位でしょうか?

今日は美術史、ギターラボ、カウンターポイント2の授業をそれぞれ受けてきました。特にこれと言って何かがあったわけでもなくごくごく普通な1日でした。放課後にテックサポートのケビンと数週間前に壊れてしまったオーディオインターフェイスについて相談をしてきたのですが、MOTU側の回答は「補償外なので有料での修理となります」というものでした。修理代80ドル・・・痛い。でもこれがないと楽曲製作ができないのでしょうがないかなと…(まだ修理に出していないので現段階でブログ掲載用の楽曲製作再開の目処は立っていません)。せっかく楽曲を公開できるブログに引っ越してきたのに楽曲製作ができないのは非常に申し訳ないです。その間は写真や映像など、特に映像を頻繁にアップしようと思います。

カウンターポイント2の授業が終わり廊下に出るとバンドメンバーのスコットとマイケルがいました。彼らは「これからミュージックビジネスの授業なんだよ」と言っていました。そして「今週の金曜日は祝日で学校が休みだからオールストンの練習ルームも閉まっちゃうみたいなんだよね。だから金曜日はライアン(もうひとりのメンバー)の家に集まることにしたから。」とのこと。

それからスコットが僕の着ている服(他州の大学のスウェット)を指差して「”○○州”に行ったことあるの?」と○○州のところに指でカギかっこ(人差し指と中指を折り曲げる仕草)を付けたのですが、これは僕が着ているスウェットに書かれている州(大学)に行った(在籍した)ことがないのを既に知っているからです。このジェスチャーは先生が授業中などでよく(たまにかな?)使いますが意味がイマイチよく分かっていませんでした(ちなみに僕のルームメイトは全く使いません)。で、先週バンドメンバーが使っていたので「それってどういうときに使うの?」と尋ねたらちょっと返答に困っていました。何だか上手く説明できないようです。でもスコットの彼女が「もし私が誰かにスコットを紹介するときに『彼は私の友達なの』って言った場合は『彼は私の”友達”なの』って言えるわね。」と言っていました。この場合は友達以上の関係だということを表現していることになります。その言葉の裏に別の意味が隠されているわけです。僕のスウェットシャツの場合は、まず他州のシャツを着ている時点で大体の場合その州へ行っている、又はその州と何らかの関係がある、と周りの人は思い込んでいます。でも僕はシャツに書かれた州には行ったことがありません(ebayで買ったので 笑)。スコットは「行ったこともない、何の関係もない州のシャツを着ている=行ったことないんだよねぇ」という意味を込めて指でカッコを付けたわけです。昔フレンズでジョーイが「指のカッコの意味が分からない。」とロスに言って「”I'm sorry...”」と顔の横でウサギの耳みたいに指カッコを付けていました。当時そのシーンはジョーイの芝居(表情)がおかしくて笑っていましたが、裏に意味を持てない言葉に指カッコを付ける、むやみやたらと指カッコを付けるということがおかしかったわけですね。現在はケーブルがないのでテレビを見ていませんが久しぶりにフレンズのDVDでも見ようかなと思います。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 10:04| ボストン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

That's what your mother said.

高層アパートに住んでいる友人の部屋に昨夜は泊まったのですが朝10時頃に帰ることに。友人はまだ寝ていたので何も言わずに部屋を出ました(もちろん数時間後にお礼の電話はしました)。昨日集まった友人(7〜8人)は全員タバコを吸うので体がヤニ臭くなってしまいました。コンタクトも乾いていて目も完全に開けられない状態で電車に乗りました。今まで住んだアパートの中で一番学校から離れているので帰るのに時間が掛かり「あぁ長いなぁ」なんて思ったりしますが自分で選んだ部屋だし慣れれば平気かなと…。帰宅してまずはシャワーを浴びて体中に付いたタバコの臭いを落としました。完全には終わっていなかった荷ほどきの続きをし始めました。しばらくして携帯電話を見ると不在着信が1件。友人からの電話で掛け直すと「酒奢るよ」とのこと。昨日の今日でまた酒かぁ、と少し思いましたが奢ってもらえるのならと待ち合わせ時間を決めて電話を切りました(笑)。荷物の片づけを済ませようとしたのですが睡魔に襲われ1時間ほど寝てしまいました。結局あまり片づけができないまま友人のアパートへ。お腹が空いてるから何か食べようか、ということで以前にも日記で紹介したMarlborough StとBeacon Stの間でMass Aveにある中華料理屋へ行くことに。通りはフェンウェイパークへ向かう人たちでいっぱいでしたが中華レストランには全くお客がいなくてのんびりと食事ができました。その後奢りのビールはバーではなく家の飲みになったのですが、体中が痛かった僕は少し飲んで帰ることに。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

帰宅するとルームメイトたちがリビングルームでテレビゲームをしていました。そしてソファに腰掛けているとまた睡魔が襲ってきてビール片手にそのまま少し寝てしまいました。その後部屋に戻り荷物の整理をしているとルームメイトたちが僕の部屋にやってきました。なんと日中仕掛けたマウストラップにネズミが引っかかっているらしいのです。僕はネズミとゴキブリが大の苦手なので見ることはもちろん捕まえることもできません。全ては前の住人(女の子たち)が汚く部屋を使っていたことが原因のようですが今後はネズミが出ないように台所だけでなく全ての部屋を綺麗に保っていきたいと思います。

アメリカ人のルームメイトを持ったからには分からないことは何でも質問しないと損ですよね。最近彼らがよく使っている言葉で「That's what your mother said.」というのがあります。これは誰かが何かを言った後すぐ追いかけるようにして使うのですが、訳すと「ってお前の母ちゃんが(俺に)言ってたよ(ベッドでね)。」ということになります。例えば
A:「(ソフトクリームを舐めながら)これってとってもクリーミーだよなぁ。」
B:「ってお前の母ちゃんが(俺に)言ってたよ(ベッドでね)。」
要するに下ネタです(笑)。あとは他人(友人)のお母さんを笑いのネタに使うわけですから、全くの他人に使ったら喧嘩になるかもしれません。これは友達に対して有効なジョークです。そしてこのジョークは彼らが何年も前に使っていた(流行っていた)ジョークで最近思い出して使ってみたところ予想以上に面白かったので今使っているらしいのですが多分1週間もしたら使わなくなるだろう、と言っています。日本でもこういうことってありますよね。毎日少しずつでもいいので何か新しいことを学んでいこうと思います。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

トムにまつわるエトセトラ

昨日買ってきた30缶のビール。朝冷蔵庫を開けると半分に減っていました。僕は昨日2〜3本飲みましたが半分も減ってるって…。昨日は家に誰も来ていないので飲んだのはルームメイトです。もちろんひとりで(笑)。うちのルームメイトはビールを水のように飲みます。一口で飲む量が多いのでペースが速いときは10分で1缶空けてしまう感じです。ルームメイトは自分でたくさん飲むことを分かっているのでビール代は半々ではなく彼の方が少し多く払います(笑)。コーヒーと言いビールといいホント飲み過ぎです。一応彼のガールフレンド(夏休みで一時帰国中)には「あまりお酒飲まさないでね。」と言われているのですが…ごめんなさい飲ませちゃってます(勧めているのではなく僕しかお酒が買えないという意)。彼のお腹は20歳の男の子のお腹じゃないですね。ありゃ30歳越えてるな(笑)。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

チャンネルをクルクル変えているとよく目にするのがMTVで放送されている番組「Room Raiders」です。ひとりの女の子(ルームレーダー)が3人の男の子の部屋に侵入して相手の持ち物や部屋の様子なので相手がどのような人かを想像して最終的にその3人の男の子の中から1人を選ぶ(デートするという設定)という番組です。もちろん女の子は部屋を物色しているときは相手の容姿は全く分からない状態です。逆のパターンでルームレーダーが男の子のときやルームレーダーがゲイのときもあります。非常に前置きが長くなりましたが先日この番組でベッドのそばに双眼鏡を置いている男の子がいました。もちろんルームレーダーの女の子は「あなたPeeping Tom?」と言うのですが「Peeping Tom」って何でしょうね?「Peep」は覗く。そして双眼鏡を受けての言葉なのでPeeping Tomとは何となく「のぞき魔」という意味かなということは(辞書を引かなくても)予想がつくのですが、何でトムなんでしょうか?マイクやジョージじゃダメなんでしょうか?で、辞書で調べたのですが、

11世紀英国のコベントリー(イングランド南中部の都市)で領主が重税を課したとき、夫人のLady Godivaがやめさせようとした。領主は冗談半分に、もし夫人が裸で馬に乗って町中を歩いたらやめると言ったので、夫人は町民に戸や窓を閉めるように頼み、夫の要求どおりにしたとき、洋服屋のTomだけがこっそりのぞき見をしたため目がつぶれたといわれている。   〜研究社 NEW COLLEGEより抜粋〜

最後の目がつぶれたっていうのは意味が分かりませんが、要するにトムが約束破って覗いちゃった、ということのようです。現代のトムさんにはいい迷惑ですね。ただPeeping Tomは日常会話でも受験でも必要のない言葉なので覚えなくてもよろしいかと…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

恋は盲目じゃない…!?

ここ最近Trader Joe'sのグラノーラにはまっています。普段は朝食を抜いている(というか食べていない)のですがこの頃は毎朝グラノーラに豆乳を掛けて食べています。あまりに美味しくて間食してしまうことがあるのですが、カロリーが高いので食べ過ぎは禁物ですね。僕が今飲んでいる豆乳(英語でもそのままSoy Milkと言います)は味がありません。味がないという表現はおかしいのですが日本で飲んでいた豆乳に比べかなり味が薄いです。甘みが全くないのです。日本で飲んでいた甘みのある豆乳(黄緑色のパックのやつ)が「豆乳」だと思っていたので、こっちの甘みのない豆乳を飲んで一瞬「な、な、何じゃこりゃあああ!!!」と松田優作ばりに叫んでしまいましたが(嘘)、現在はグラノーラに掛けているのでグラノーラの甘みが溶け出して問題なく飲めています。ただこの豆乳ををコップに入れてそのまま飲むのはちょっとできないですね…。

今日は夜からボストン郊外にあるコミュニティカレッジに英語(主にライティング・リーディング)の授業を受けに行ってきました。一昨日提出した1回目のエッセイが戻ってきたのですがグレードは「B-」でした。100点満点で換算すると81点です。自分としては最低でも「B」を取れると思っていたのでちょっと残念です。今回のエッセイに対する評価項目は「テーマ、アイディア」「組み立て方」「言葉(口調、トーン)」「文法」などがあるのですが、減点の対象は主に文法ミスでした。その中でも特に多かったミスは代名詞の使い方です。書いている本人は文中の「It」や「This」が何を指しているのか分かっているつもりなのですが、読み手にはそれが何を指しているのか分からないことが多々あります。例えば:

When Gloria set the frgile pitcher on the glass table, it broke.

この場合の「it」は何を指しているのでしょうか?多分「the frgile pitcher」だと思うのですが、ルールとしては文章内で一番近くにある名詞が対象になってしまいます。そのため書いている本人は「the frgile pitcher」を指しているつもりでも、この場合だと読み手には「the glass table」と取られてしまうこともあります。日本にいた頃「英語は代名詞を多用する」というイメージがあり(何でそう思うようになったかはよく分からないのですが…)それが未だに僕のエッセイには残ってしまっています。そしてもうひとつ

Love is Blind. This is true.

実はこの文章間違っています。「恋は盲目じゃない」なんてことを言うつもりはもちろんありません。だって恋は盲目ですから。ですよね?(笑)何が間違っているかというと「This」の使い方です。日本語であれば「恋は盲目。それ(これ)は本当だ。」となりおかしな箇所は全く見あたりません。書いている本人は「This=Love is Blind. 」と考えているかもしれませんが、英語の場合「This」は名詞を指すため「Love is Blind. 」のような文章を「This」に置き換えることはできないのです。「This」は代名詞なので名詞を指している、よくよく考えてみれば「あぁ、そうだよねぇ。」と間違いに気が付くかもしれませんが実際文章を書いてみるとこのようなミスはけっこう出てきてしまいます。さて「Love is Blind. This is true.」が間違っているとしたらどのように書けばいいのでしょうか?それは「This」を何か別の言葉に置き換えてあげればOKです。例えば

「Love is Blind. The(or This) proverb is true.」

他にもいくつか間違った代名詞の使い方や正しいカンマの位置(←これが非常にややこしい)などを習いました。これらを次のエッセイに反映させないと減点対象になるそうです。どうしましょ…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。