2005年12月10日

ワールドカップに必要な人材

来年ドイツで開催される2006年ワールドカップの組み合わせが遂に決定しましたね。日本はグループFでブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じ組に入りました。これで日本のスポーツ番組やサッカー雑誌などは大会までひたすら予選リーグの予想や攻略などをして楽しむんでしょうね。「ブラジルには勝てなくても、クロアチアとオーストラリアには勝気がある」みたいなことを早速いろいろなサイトで書かれているのを目にします。ちょっと気が早いですが決勝トーナメントに進むとグループFのチームはグループEのチームと対戦することになります(F1位とE2位、E1位とF2位)。では日本が決勝トーナメントに進出した場合対戦するグループEにはどんな国が入っているのでしょうか?グループEにはイタリア、ガーナ、アメリカ、チェコの4カ国が抽選の結果振り分けられました。例えば日本がブラジルには負けたとしても残りの2チームに勝てば2勝1敗、F組2位で決勝トーナメントに進めます。そしてE組1位になりそうなのは・・・イタリアでしょうか?そうすると予選から決勝トーナメントまでの対戦相手はこのようになります。

オーストラリア(6月12日、グループリーグ1試合目)
クロアチア(6月18日、グループリーグ2試合目)
ブラジル(6月22日、グループリーグ3試合目)
イタリア(6月26日、決勝トーナメント1回戦)

さて・・・(上記は全部フリです)これらの試合に勝つためには相手を研究することが大切です。そして相手の国を知ることが勝利へと繋がるのではないでしょうか?そう考えると日本代表に必要な選手は彼しかいません。そうその彼は上記4カ国全てで選手としてのプレー経験を持っています。これはサッカーの神様がキングに与えた最後のチャンスなのかもしれません。

まぁ多分ジーコは招集しないと思いますけどね・・・(笑)。

今日は何位でしょうか?

もうひとつサッカーネタ。ヴァンフォーレ甲府が遂にJ1昇格の切符を手にしました。それにより柏レイソルは95年にJ1に昇格して以来初めてのJ2降格となってしまいました。さてヴァンフォーレ甲府がJ1に昇格したら見れるもの、それは小倉隆史選手です。と言いたいところなのですが何と今期いっぱいで彼は甲府から退団することが決まっています。僕は彼がJ1にまた這い上がってくることを心待ちにしていただけに非常に残念です。せっかく甲府で頑張ってきてやっと掴んだJ1昇格への切符。それなのに昇格と同時に退団とは・・・。来年のJ2はヴェルディ、ヴィッセル、レイソルとJ1降格組が上位を独占することが予想されるので小倉選手はこの3チームの何処かに入ってJ1復活を目指すか、もしくは現時点でのJ1チームに加入するか、それかJ2の他のチームに入団するか(まぁこの3つが全選択肢なんですけどね 笑)。この3年間はあまり良い結果が出ていないので常勝チームへの入団は難しいんだろうな・・・。まだ体も動くから現役を続けたい、とコメントしていたのがとても心強いです。前園選手のように若くして引退なんて事がないように祈るばかりです。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 03:19| ボストン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

サッカー選手からもらう勇気

お昼からコンフェデ準決勝、ブラジル対ドイツを見ました。ワールドカップ決勝の再戦、こんな試合めったに見れませんからね。僕の一番好きなスコア(3−2)、取って取られて取り返してという得点の重ね方、改めてサッカーの面白さを知ったような気がします。何で自分はサッカーが好きなのかな?と試合を見ながら考えてみたのですが、自陣から敵陣にひとつのボールをパスで繋いでいくという行為、そしてあらゆる形のシュート(ゴール/得点)、相手のスキをついて出されるスルーパス、我を忘れてゲームを見入ってしまうポイントはたくさんあります。そしてピッチ上で動いているひと駒ひと駒が数億円という桁違いの価値を持った選手たちだということを考えると、言葉を失ってしまいます。

FIFAオフィシャルサイトではコンフェデで既に敗退してしまったチームの中で「まだまだ見たかったのになぁ」という選手の投票をしています。1位は中村です。大黒も3位に付けていて日本が今大会でとても良い戦いをしたという表れではないでしょうか。スペインに移籍か?という話もあがっている中村ですが、移籍と言えばフィオレンティーナの中田も新監督との確執で今後の起用法などで彼自身やりづらい環境になってしまうのでは?と心配しています。以前何処かのニュースで中東のリーグへの移籍の可能性もある、みたいな記事がありましたがそれだけは止めて下さい。欧州で活躍する中田がみたいので。僕たちが中田を見たり知ったりするのはテレビで見る試合やインタビューなどだと思いますが、そこから得る彼のイメージはクールと言うか、口数が少なく笑顔もあまり見せないという印象を持っている人も多いと思います。実際僕はそう思っています。でもヒデのオフィシャルウェブサイト(nakata.net)にある彼の日記を見るとそういうイージが吹き飛んでしまいます。彼の文章を見るとファンをどれだけ大事に思っているかが分かります。彼の笑い声も聞こえてきそうな日記はヒデとファンとの距離を縮める素晴らしいツールだと思います。日本サッカーの先頭に立ってみんなを引っ張りさらにセリアAでもとても忙しい日々を送っているヒデではありますが日記の更新は何と週に1〜2回。どこにそんな時間があるのかなと思ってしまいますがファンを大切に思う心があるからこそできることだと思います。日本にプロリーグ(Jリーグ)が発足して12年が経ちますが、当時12年後の今を想像できたでしょうか。1998年には初めてワールドカップに出場し、その後海外にたくさんの選手が移籍し、2002年にはワールドカップを自国で開催し、どんどん高いと思っていたハードルを越えていく日本。日本サッカー協会は2050年にはワールドカップを単独開催して優勝するという大きな目標を立てているようです。日本選手がワールドカップトロフィーを天高く掲げる瞬間をいつの日かこの目で見れることを僕は信じています。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。10位浮上のためこのページを閉じる前にワンクリックして頂けたら幸いです。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

コンフェデ生放送

FIFA Confederations Cupの日本戦が見たい。もちろん生放送で。「アメリカにいると海外のサッカーを見るのは難しいかな」とほぼあきらめていましたがコンフェデ全試合を放送しているチャンネルを見つけました。Galavision Cable Network(RCN/77ch)というテレビ局なのですがスペイン語での放送です。なので言っていることは全く分かりませんが生中継を見ることができました。日本戦の後にブラジルvsメキシコも見ました。ブラジルが負けてしまったので次戦は勝ちが絶対条件になってしまいましたが選手のみんなには頑張ってもらいたいです。ブラジル戦も放送しますがアメリカ東海岸では夜9時からの放送なので多分録画でしょう。水曜日は夜6時から10時まで授業があるので数学の問題を解きながら心の中で応援したいと思います。

以前フジテレビのニュース番組を放送していると日記に書きましたが同じチャンネル(AZN)でNHKのニュースもやっていました。スポーツコーナーではメジャーリーグで活躍する日本人選手の成績や結果を放送していました。その後サッカーのワールドユースが決勝トーナメントに進出したというニュースが流れた直後に無人スタジアムの静止画像に切り替わってしまいました。日本語と英語のテロップで「著作権の都合により映像を流すことができません」と表示されました。静止画像と声だけでした。次の全米ゴルフ、卓球のニュースも選手の写真(静止画像)が出て音声のみでした。日本の番組を海外で流すといろいろと不便なことがあるんですね。ニュースのあとにフジテレビの番組が始まりました。何が始まるのかと楽しみにしていたら「報道2001」???今2005年じゃないの?と思ってフジテレビのサイトを見たら現役の番組でした…(笑)。今日は「報道2001」の後に「救命病棟24時(Emergency Room 24 Hours)」そして「生きない(映画)」が放送されます。見たことはありませんがこのAZNではHEY!HEY!HEY!も放送しているようです。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。10位浮上のためこのページを閉じる前にワンクリックして頂けたら幸いです。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。