2005年11月29日

乗車中にエクスプレスなる電車

昨日の日記でも書きましたが6時就寝9時起床だったため3時間しか寝ていませんでした。僕は基本的に平均6時間は寝ないと人間として機能しなくなってしまいます(笑)。昨晩はパッタイを食べビールを飲みながらブログを更新していたのですが、食事中に急に睡魔が襲ってきました。そして睡魔に耐えられなくなった僕は夜9時前に就寝。夕飯の記憶が途中からありません(笑)。9時に寝たため起きたのは夜中の3時半。起きたと言うよりは目が覚めてしまいました。そこから無理矢理寝ようとしたのですが、なかなか寝付けず結局5時くらいには再度眠りに就きました。。火曜日は授業がないので昨晩できなかったアートのレポートを仕上げるため、集中してベースの練習をするために朝から学校へ行く予定でしたが起きたのは12時でした・・・。もう僕はダメ人間ですね(笑)。起きてからいつものようにスタバへコーヒーを買いに行き、どうにか明日締め切りのレポートを仕上げました。

今日は何位でしょうか?

レポートが仕上がったのでプリントアウトしに学校へ行ってきました。その後プラクティスルームでベースの練習をして帰宅。今日は学校宛に送ってもらった音楽機材も一緒に持ち帰ってきたのですが、サンクスギビングの2日前に相手に発送したのにも関わらずサンクスギビング前日にはUPSから「あなた宛の配送を承っています。サンクスギビング明けに配達します。」というメールが届いていました。これはどう考えても修理する時間を持てていないなと思ったのですが、案の定箱を開けてみるとシリアルナンバーが異なっていて、本体は指紋ひとつない「新品」でした。機材トラブルが年内に(しかも11月中に)片づいてホント良かったなと思っています。

帰りは先週借りたDVDを返すためBラインで帰ったのですが、DVDを返却した後に電車に乗っていると突然「この電車はエクスプレスになります。次の駅を出ますと終点ボストンカレッジまで止まりません。各駅をご利用になる方は後方から来ています電車に乗り換えて下さい。」とアナウンスが流れました。車内で音楽を聴いていてたまたま曲がフェイドアウトしているときに「エクスプレス」という言葉が聞こえたので急いでヘッドホンを外したのですが、アナウンスに気付かないまま乗り続けていたら終点まで連れて行かれるところでした。ボストンの地下鉄(通称”T”)はこんな感じでいきなり急行電車に切り替わってしまうことがあります。ボストンに来たばかりで英語が上手く聞き取れない状況(アメリカ人でも地下鉄のアナウンスは聞こえづらい場合もある)だと一斉に降りる乗客を見て「何事?」と思うかもしれませんが、耳が英語に慣れるまでは「アナウンス後の車内のざわつきようで判断する」か「エクスプレスという言葉だけは聞き取れるように常にアナウンスに集中している」か「乗客が一斉に降りたらとりあえず一緒に降りてみる」か・・・僕だったらどれも嫌ですね(笑)。でもご心配なく。1ヶ月も電車に乗っていれば車内で流れるアナウンスの種類は限られているということに気が付くと思うので、ときには失敗もしながら徐々に慣れていきましょう。ん?こんなアドバイスでいいのか?

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 10:11| ボストン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ(ボストン)の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

Daylight Saving Time

アメリカにはサマータイムという夏の間(正確には春から秋に掛けて)1時間だけ時間を短縮するシステムがあるのですが、今日のそのサマータイムが終了して通常の時間に戻りました。毎年4月の第1日曜日からサマータイムが始まり日本との時差は13時間に、10月最終に日曜日にサマータイムが終了して通常に戻ると時差は14時間となります。アメリカではこのサマータイム(夏時間)をそのまま「Summer Time」と言っても通じますがほとんどの人は「Daylight Saving Time」と呼んでいます。なので例えば僕が「Summer Time終わったねぇ。時間戻した?」と尋ねると「あぁDaylight Saving Timeね。うん戻したよ。」と返ってくるのです。今年サマータイムが始まったのは4月3日(日)でした。正確には午前1時59分59秒から午前3時0分0秒になったのですが、今回戻るときは午前1時59分59秒から2時になるかと見せかけてもう一度午前1時みたいな…(笑)。テスト期間中の僕としては1時間増えた(元に戻った)ことにとても喜んでいるのですが、ハロウィーンということで近所ではパーティが開かれています。要するに時間が戻るとパーティのお開き時間も1時間長くなると言うわけです。今日は同じアパート内でのパーティがなく(多分みんな外出中)予想していたよりは静かでした。テスト勉強の息抜きに友人宅へ行こうかなとも思いましたが、酒に呑まれる可能性が非常に高いので我慢しました。せっかく呼んでもらったのにごめんなさい。やっぱりハロウィーンとミッドタームの時期はかぶらせちゃいけないと思います。

今日は何位でしょうか?

サマータイムが終了すると時間を戻さないといけません。でもパソコンにはサマータイムを認識させているので自動で変わります。携帯電話も自動で変わります。時計も物によってはサマータイムを認識させられるものもあるかと思います(僕のG-SHOCKは10年くらい前の物なのでは自分で直さないといけませんが…)。あと戻さないといけないのは自分の体ですね。いつも午前3〜4時に寝ているのでサマータイムが終わったことによって眠気が襲ってきたということはないのですが、風邪をひいていた体なのでそろそろ寝る準備に入ろうかなと思います。

それでは、おやすみなさい。…ZZZ...zzzzzz...

あっ…来年のサマータイムは4月2日ですから。

それじゃ本当におやすみなさい…。zzzzzz..

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

2005年10月27日

ハロウィーンが近づいてきました

ボストンは日に日に寒くなってきています。そして宿題とプロジェクトが溜まりに溜まって来週からはミッドタームウィーク・・・。今週末は1日30時間くらい勉強したいなと思っているのですが(笑)、来週月曜日がハロウィーンということで今週末は至る所でパーティーが開かれることが必至です。一度もハロウィーンを経験したことがないのでもしルームメイトたちが何処かでパーティーをするなら僕も参加しようかなと考えていたのですが、お酒を飲むと歯止めが効かなくなるので、その日、最悪の場合は翌日も棒に振ってしまいます。初めてのハロウィーンとミッドタームの勉強と製作、上手く両立できればいいのですが…。日本人には馴染みのないハロウィーンですがボストンに来る前に住んでいた中央線沿線にある街ではハローウィーンのお祭りをしていました。駅前にある英語教室の外国人教師達が始めたのがきっかけだそうです。

今日は何位でしょうか?

今日は学科のクラスと楽器のクラスがある一番忙しい日なのですが、授業が終わった後に友達と話をしていたら「週末何やってるの?暇?ハローウィーンパーティやるんだけど来ない?」と。この友人は夏に家探しをしていたときに知り合った人で結局彼の家には住まなかったのですが秋セメではたまたま専門のクラスがふたつ一緒でよく話すようになりました。夕方のクラスで「昼間言ってたパーティーってやっぱりコスチューム着るんだよね?」と尋ねると「もちろん。もし来れるんだったら何か着てきてよ。忍者とかるろうに剣心とか。」と。るろうに剣心知ってるのね…(笑)。「家から着てくるの?」「そうだよ。その日は街中みんなコスチューム着てるから。誰も気にしないよ。道端だろうが電車の中だろうが、何処でも。」今からじゃ日本風のコスチュームの調達は間に合わないな…。どうしよう…。

それから以前ルームメイトが「ハロウィーンの時期は通りでたくさんのトイレットペーパーを見ると思うよ。」と言っていました。どうやら子供達(又は大人げない人たち?)がいたずらで全くの他人の家にトイレットペーパーを投げ込むらしいのです。特に庭に植えてある木にわざと絡まるようにして投げたりするそうです。「Trick or Treat」と言って相手の家を回るのは12〜3歳くらいまでとルームメイトが言っていました。そしてそれ以降はすることがないからトイレットペーパーを投げるのでしょうか?(笑)まぁルームメイトの言っていることが何処まで本当か分かりませんがトイレットペーパーが落ちてたら撮影して掲載したいと思います。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

2005年04月02日

モラル

このブログを始める前(まだ復学をする前)に同タイトル「I See Boston.」でウェブサイトを作っていました。そのサイトで書いていた内容というのは以前ボストンにいた頃の話(当時の思い出や恋の話など)を思い出しながら留学体験記として紹介していました。もう昔のウェブサイトなのでネット上には存在しませんがそれらの記事は全て僕のMacの中に入っています。今読み返すと変な記事ばかりですが現在の生活とリンクする文章はこのブログでも使っていこうと思っています。

「ほしい物があるからお金を出してそれを買う。ではその物はいつから自分の物になるのでしょうか?お金を払った瞬間からでしょうか?それとも手に取った瞬間からでしょうか?もちろん前者だと思います。では買い手が絶対にこれを買うと決めて店に来た場合はどうでしょう?お金を払った瞬間からでしょうか?それとも手に取った瞬間からでしょうか?これももちろん前者でしょう。それではレジに並んでいるときはどうでしょうか?僕はどんな場合でもお金を払うまでは自分の物ではなくお店の物だと思っています。

よく行く近所のスーパーにはレジのそばに冷蔵庫があります。僕が信じられないのは、レジに並んでる最中にその冷蔵庫からジュースを取り出しお会計をする前にそれを開けて飲む人がいるということです。半分くらいになったペットボトルを店員に差し出すと店員は店員で何事もなかったかのようにバーコードをピッとやるのです。モラルに欠けているなと思いました。」当時の記事「モラル」より

で、今日近所の大型スーパーマーケットSTOP&SHOPに行ったときのこと、買い物カゴを持って店内を歩いている僕の視界にひとりの女性が飛び込んできました。彼女は左腕に買い物カゴを掛けて歩いていました。買い物カゴにはポテトチップスがひと袋。そして彼女の右手には何とポテトチップスが…「あっ!食ってるよ!しかも美味しそうな顔してるよ!(ってそんなことは問題じゃない)」案の定カゴの中のポテトチップスの袋は見事に口が開いていました。小腹が空いてるとこんなこともできちゃうんですね(笑)ってオイっ!!!


人気blogランキングに参加しています。最近は12位〜13位を彷徨っています。10位との差がちょっと開きすぎているので少しでもこの差を縮められるようにこのページを閉じる前にワンクリックして頂けたら幸いです。

2005年03月30日

傘を差さないアメリカ人

昔作っていたウェブサイトでも書いたのですがアメリカは日本と比べて傘を差す人の割合いが少ないです。理由として考えられるのは路上にパーキングメーターがあるため目的地の目の前に駐車できるので濡れずにその場所へ行くことができる、フード付きのジャケット(又はレインコート)を着用する人が日本に比べ多い、その土地の気候、傘がダサいから(日本人がレインコートを好まない感じ)、などですがこれらはあくまでも僕の推測です。

ボストンにももちろん傘を売っているお店はあります。CVSやStaplesなどに売っています。ただ日本に比べ傘の需要が高くないので100円傘などというものは聞いたことがありませんし、デザインや種類が豊富な日本の傘に比べ単色の傘しかありません。僕が持っている傘は「これで雨しのげるの?」と思ってしまうような小さな折りたたみ傘です。傘を差している人の中でも折りたたみ傘を差している人の方が普通の傘を差している人より多いような気がします。オシャレな傘や機能性に優れている傘などを使いたい方は日本から持参することをお薦めします。

上記の通り種類を選ばなければボストンでも傘を買うことができます。でも雨の日になると傘を差さない人が多いのです。本当の理由は僕にも分かりません。昔アメリカ人の友達に質問をしたら「小さい頃はスクールバスで学校に行くから濡れる場所がない、そして大きくなれば今度は車を使って目的地に行くからこれまた濡れずに済む。家から目的地に辿り着くまでに濡れる状況がないから傘を使わないんじゃないかな。でも本当はどうなんだろう?」と本人もよく分かっていませんでした。

そして今日Tutorに同じ質問をしてみました。すると「傘差してる人いるでしょ?見かけない?」と。「日本ではみんな傘を差すけどアメリカでは差さない人けっこう見かけるよ。」と答えると彼女も何故傘を差さないアメリカ人が多いのかということに明確な理由を見つけることができませんでした。なのでもう少し同じ質問を他のアメリカ人にもしてみて何故傘を差さないアメリカ人が多いのか調べてみようと思います。

人気blogランキングに参加しています。このページを閉じる前にワンクリックして頂けたら幸いです。

2005年02月02日

Jaywalk

そう言えばそんなバンドいたなぁ。
「Jaywalk」とは信号無視することです。
そういう人たちのことを「Jaywalker」といいます。

ボストンはアメリカの中でももの凄い数のJaywalkerが生息している街のひとつではないでしょうか。信号待ちしている人たちは歩行者信号は見ていません。車専用の信号機を見ているのです。その信号が青に変わると歩行者はいっせいに道路を横断します。もちろん車もその信号が変わったことにより発車します。右折や左折をする車ももちろんあります。本当に引かれちゃうよあんたたち、といつも思いますが大群で渡るので車は止まらざるおえません。中にはクラクションを鳴らす人やFワードを発する人もいますが、それに対してたまに逆ギレする歩行者もいるから驚きです(笑)。

あとたまに見かけるのは赤信号のときに渡ろうとして、まだ車が走っているのにちょっとでも車が来ない瞬間(ほんの数秒でも)を見つけると道路半分まで行く人もいます。ボストンの歩行者(観光客以外全員)は車両専用信号が青に変わったら渡れると思っているのでしょうが、本当はダメなんですよ!!!

ボストンで歩行者専用信号は赤と白(=青信号)です。先日近所で白に変わり2秒後で点滅が始まった信号機がありました。2秒って・・・渡らす気ないでしょ。

そんな僕も気づいたらJaywalkerになっていました。
こないだ運転手に怒鳴られたけど・・・何も言えなくて。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。