2005年11月30日

お誕生日おめでとうプレゼント

朝から芸術史の授業に出てレポートを提出。次のギターラボまで1時間休みだったので別キャンパスで練習をしようと思い建物の外へ出ようとしたら雨雨・・・。けっこう大降りでした。結局濡れながら移動。ギターの練習を少ししてからラボへ行きました。その後さらに1時間空きでカウンターポイント2があったのですが、建物が違うのでこれまた移動しないといけません。でも外は雨雨・・・。さっきより大降りだし・・・。再度濡れながらボイルストンを歩いていると仲の良いタイ人の友達に会いました。先日夜9時に睡魔が襲ってきて寝てしまった日がありましたが、その日(寝ている間に)彼から電話があったのですがすっかり掛け忘れていました。「こないだ電話くれたでしょ?あまりに眠くて早く寝ちゃったんだよね。ごめんね。で、用は何だったの?」「実はレジストでコンダクティングの先生を決めかねてるんだけど1と2で取った先生はそれぞれどうだった?」ということでレジストの質問だったようです。雨足が強くなる中通りでずっと立ち話。ふたりとも傘は差していません(笑)。レジストの話が終わったあとに彼が「金曜か土曜の夜空いてる?」と言ってきました。
僕:「うん空いてるけど、どうした?」
友達:「実はパーティを計画してるんだけど、来ない?」
僕:「おぉいいねぇ。で何のパーティー?」
友達:「僕の誕生パーティー。」
僕:「あぁ!21歳になるんだっけ?」
友達:「いや、今日21歳になった。」
僕:「え?今日?あれ12月じゃなかったっけ?」
友達:「いやいや、今日なんだよ。」
僕:「うわぁ、まじで?おめでとう!!!」

アメリカで21歳はとても大きな意味を持っています。お酒が法律上飲める、買える年齢ですから。これで堂々と飲むことができます。

僕:「で、何処でやるの?君のアパート?」
友達:「まだ完全には決めてないんだけどいろいろな人が来るから・・・友達の友達、そのまた友達とかね。だから何処かクラブでやろうかなって考えてるんだよね。知り合いがそこでやったりしくて僕も使ってみようかなって考えてるんだ。ねぇねぇHappy Birthdayって日本語で何て言うの?」
僕:「お・た・ん・じょーび お・め・で・とー」
友達:「え?何?長くて分かんないや(笑)。」

ってな感じで雨の降る中傘も差さずにずっと立ち話をしていました。友人も21歳か…。よしこれで酒飲み仲間がひとり増えた(笑)。

今日は何位でしょうか?

夜は友人とセッションをしてきました。明日友達の授業で僕も一緒に演奏することになり音合わせをしてきました。一昨日電話があって今日初めて練習して明日本番です。これはコンサートではなく卒業リサイタルに向けての第一歩として友達が先生の前で演奏を披露しないといけないのですが、生徒が各自で他のパートも見つけてこないといけません。集まった人たちはプロジェクトバンドで演奏している人やらアンサンブルレーティングが異様に高い人やら。何故僕がここに?と孤立感を覚えてしまうような感じでした。やっぱりジャズは奥が深くセッションの度に勉強させられます。明日はみんなの足を引っ張らないように頑張りたいと思います。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 15:38| ボストン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

乗車中にエクスプレスなる電車

昨日の日記でも書きましたが6時就寝9時起床だったため3時間しか寝ていませんでした。僕は基本的に平均6時間は寝ないと人間として機能しなくなってしまいます(笑)。昨晩はパッタイを食べビールを飲みながらブログを更新していたのですが、食事中に急に睡魔が襲ってきました。そして睡魔に耐えられなくなった僕は夜9時前に就寝。夕飯の記憶が途中からありません(笑)。9時に寝たため起きたのは夜中の3時半。起きたと言うよりは目が覚めてしまいました。そこから無理矢理寝ようとしたのですが、なかなか寝付けず結局5時くらいには再度眠りに就きました。。火曜日は授業がないので昨晩できなかったアートのレポートを仕上げるため、集中してベースの練習をするために朝から学校へ行く予定でしたが起きたのは12時でした・・・。もう僕はダメ人間ですね(笑)。起きてからいつものようにスタバへコーヒーを買いに行き、どうにか明日締め切りのレポートを仕上げました。

今日は何位でしょうか?

レポートが仕上がったのでプリントアウトしに学校へ行ってきました。その後プラクティスルームでベースの練習をして帰宅。今日は学校宛に送ってもらった音楽機材も一緒に持ち帰ってきたのですが、サンクスギビングの2日前に相手に発送したのにも関わらずサンクスギビング前日にはUPSから「あなた宛の配送を承っています。サンクスギビング明けに配達します。」というメールが届いていました。これはどう考えても修理する時間を持てていないなと思ったのですが、案の定箱を開けてみるとシリアルナンバーが異なっていて、本体は指紋ひとつない「新品」でした。機材トラブルが年内に(しかも11月中に)片づいてホント良かったなと思っています。

帰りは先週借りたDVDを返すためBラインで帰ったのですが、DVDを返却した後に電車に乗っていると突然「この電車はエクスプレスになります。次の駅を出ますと終点ボストンカレッジまで止まりません。各駅をご利用になる方は後方から来ています電車に乗り換えて下さい。」とアナウンスが流れました。車内で音楽を聴いていてたまたま曲がフェイドアウトしているときに「エクスプレス」という言葉が聞こえたので急いでヘッドホンを外したのですが、アナウンスに気付かないまま乗り続けていたら終点まで連れて行かれるところでした。ボストンの地下鉄(通称”T”)はこんな感じでいきなり急行電車に切り替わってしまうことがあります。ボストンに来たばかりで英語が上手く聞き取れない状況(アメリカ人でも地下鉄のアナウンスは聞こえづらい場合もある)だと一斉に降りる乗客を見て「何事?」と思うかもしれませんが、耳が英語に慣れるまでは「アナウンス後の車内のざわつきようで判断する」か「エクスプレスという言葉だけは聞き取れるように常にアナウンスに集中している」か「乗客が一斉に降りたらとりあえず一緒に降りてみる」か・・・僕だったらどれも嫌ですね(笑)。でもご心配なく。1ヶ月も電車に乗っていれば車内で流れるアナウンスの種類は限られているということに気が付くと思うので、ときには失敗もしながら徐々に慣れていきましょう。ん?こんなアドバイスでいいのか?

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 10:11| ボストン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ(ボストン)の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

レジストの順番がやっと回ってきた

4連休明けの月曜日。僕は昨晩なかなか寝付けず結局眠りに着いたのが朝の6時前。で起きたのが9時。11時から授業があるのでこのくらいの時間には起きないといけないのですが、今日は朝9時から僕のレジスト解禁日だったので起きたというのが一番の理由です。レジストは単位をたくさん取っている人から順番に選択権が与えられます。要するにアッパーセメスターの人ほど早くレジストできるということになります。僕は既に取りたい授業は決めていたので一気に取っちゃいました。がしかし1クラスだけ、初心者のためのドラムの授業が4セクションもあるのに既に全て閉まっていました。先セメも取れず、今セメも取れなかったらいつ習えるのでしょうか?確かにドラマー以外の生徒にとってドラムは「習いたい、じゃあ習おう」というわけにはいきません。なのでこのような初心者用のクラスは非常に人気があるのです。やはりベーシストとしてドラムがすこし叩けた方が、ドラマーの気持ちが分かってあげられるかなと…。

今日は何位でしょうか?

今日はどの授業もサンクスギビング明けで(?)なのか欠席者がチラホラいました。特にクラシック音楽理論の授業は半分が欠席でした。現在はファイナルプロジェクト(32小節の楽曲作成)を取り組んでいる最中なので欠席して一歩送れた状態になるのはやはりいただけないなと…。それから修理中の音楽機材が戻ってきました。実際はまだ学校のメールルームに置きっぱなしですが、明日持って帰ってくる予定なのでこれでまた楽曲製作が始められます。

放課後はハーバードのコンセプトへまた出かけてきました。2日前の日記で書いた「気に入ったけど、変な刺繍が」ってやつを再度見に行ってきました。刺繍部分を自分で取り外せれば買おうかなという安易な考えで行ったのですが、僕のレベルでは取り外しは不可能でした。僕は大した裁縫能力は持っていませんが、シャツのボタンの解れなんかは日本から持ってきている(=中学校から使用している=黒マジックで名前が記入されている)お裁縫道具セット(笑)で直しています。高いお金出して変な刺繍が付いているのは嫌なのでカーゴパンツはニューベリーストリートにあるアーミーショップで買おうかなと思います。

先程夕飯を食べていたら友人から電話がありました。今週先生の前で演奏しないといけないらしくベースを弾いてくれないかという電話でした。数ある学科の中でパフォーマンスメジャーは卒業プロジェクトが卒業コンサート(リサイタル)ということになります。本番をするにあたり数セメスター前から少しずつ準備してその度に先生の前でその途中経過みたいなものを披露しないといけません。今回は本番ではないので友達はあまり慌てた様子はありませんでした。僕に声を掛けている時点で「無問題」という様子が伺えます(笑)。僕のせいで低いグレードもらったらごめんね(笑)。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

2005年11月27日

林家

土日に更新ができなかったため月曜日にまとめて更新しました。

日曜日は起きてまずスタバへ行き(2駅歩いて 笑)コーヒーを買ってきて、ずっと芸術史のレポートを書いていました。今まではお店での注文は「Can I have・・・」だったのですが最近気付いたら「Could I have・・・」になっていることに気が付きました。スタバで「Could I have a coffee, please.」って変じゃないでしょうか?口を開くとCanじゃなくてCouldが出てきてしまう今日この頃。さらにPleaseは文章が完結した1秒後くらに発しています。まぁいいか(笑)。

今日は何位でしょうか?

コーヒーを啜りながらひたすら書いたのですがアメリカ人じゃあるまいし1日でできるわけがない。途中で音楽の宿題なども織り交ぜながら、どうにか提出できる一歩手前くらいのペーパーに仕上がりました。明日はペーパーを完全に仕上げをしたいなと思っています。今日はペーパー書いていただけなので特に面白ネタはないです(笑)。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

夏以来のベトナム料理

土日に更新ができなかったため月曜日にまとめて更新しました。

芸術史のレポート提出が今度の水曜日に迫っているのですが、一向に筆、ならぬ指がが動かずワードは真っ白のまま。とりあえずカバーページは作ったもののそれから先が全く進まない・・・。そのためもう一度レポート用に選んだ作品を見にボストン美術館へ行ってきました。今日の美術館は週末&サンクスギビングの延長ということで館内入り口のチケット売り場にはちょっとした列ができていました。僕が選んだのはアンフォラと呼ばれるギリシャ時代に作られた壺絵です。この時代の壺絵は前と後ろに絵が描かれているのですが(360度描かれている物も有)、壺絵を選んだ場合は片面だけに絞り、さらに壺の材質や取っ手の部分はあまり触れずに「そこに描かれている絵」について分析しなさい、と授業で配られたタームペーパーの要項には書かれていました。とりあえず壺の前に30分程居座り自分に見えた物、感じたことなど美術が苦手&あまり理解できない僕なりに書き記しました。これを元にレポート書くのですが大丈夫だろうか?ちょっと心配です。

美術館を後にし、夕方ハーバードスクウェア近くにあるコンセプトというスケーターファッションの服がちょこちょこ置いてあるお店に行ってきました。STUSSYか何かのカーゴパンツを探していたのですが現在このお店はセール中でジャケットやら、ジーンズやら、その他のパンツなどが50%オフになっています。その中で1着気に入ったカーゴパンツがあったのですが何故か右足脹ら脛の裏側にヘンテコな刺繍がしてあり買う気になれませんでした。僕はスケーターっぽい格好はしませんし品揃えも多いわけではないのですが、このお店が一番ボストンで(ハーバードですが…)一番好きです。店員は基本的に声は掛けてきません。なのでいろいろ勧められたりしないのでゆっくり商品を見ていられます。ただ問題なのは試着したいときに「誰が店員だか分からない」ことがあります(笑)。レッドライン、ハーバードスクウェア下車。ハーバードCO-OPの隣りGAPの地下、タナリーという靴屋と合体しています。

今日は何位でしょうか?

6時過ぎに家に帰ると友人から電話が。「飯食わない?」ということで再度ボストンまで出ることに。今日は友人3人でチャイナタウンにあるベトナム料理屋に行ってきました。名前は忘れてしまったのですがいつもお客さんでいっぱいです。お店はWashington Stで、角っこ、それから工事中の大きなビルの向かいでした。こんな情報でごめんなさい・・・。僕は友達の電話が掛かってくる前にビールを飲んでしまっていて、若干腹が膨れていたので軽そうなベジタブルヌードル(ライスヌードル)と生春巻きを食べました。生春巻きはやはりおいしいですね。僕アレ大好きです。夏に数軒隣りのベトナム料理へ行ったときにスープのないヌードル(バーミセリ?)を頼み一緒に付いてきたタレに撃沈したため、今回は鶏ガラスープの麺にしました。なかなか美味しかったのですが次回は空腹の状態で行きたいですね。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボストンのレストラン&バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

音作りは永遠の課題

楽器(バンド)を始めた頃は「あれが弾ける、弾けるようになった」など技術的なことに執着してしまいますが、ある程度楽器を弾いているとアンプから出る音に注意がいくようになります。これは自分が、バンドメンバー全員が、お客さんが、どのように聞こえているのかということを知る必要があるということです。好きな音と言っても様々で10人いれば10人とも異なる音作りをすると思います。無理矢理自分のアンプの設定を決める必要はありませんが、自分の好きなバンド(音)があればそのバンドのCDを聴いて真似てみたり、ライブに足を運んでみたりするのが周りに助言者がいなくてもひとりでできる方法です。ライブでもし演奏者に話し掛けられる立場にあるのなら積極的に話しかけましょう。もしそれが無理ならなるべく演奏者の近くに行き、どんなアンプ(ヘッド、キャビネット)を使っているのか、足下には何を置いているのか(エフェクター)、可能であればアンプの設定(目盛り)などを調べるのも自分の音作りを始める上でとても重要なことだと思います。最初は誰かの真似事でも全然構わないと僕は思います。

日本でバンドを組んでいた頃はギターがリハの度に「あぁでもない、こうでもない」とアンプのセッティングに苦戦していました(←リハの度ってのはかなり困りものです・・・)。部屋の形、アンプの大きさ、種類、位置、これらの条件が変われば聞こえる音も変わってきます。同じスタジオを使用していればスタジオ内のアンプのセッティングには慣れるかもしれませんが、ライブハウスに行けば知らないアンプがそこには待っているわけで、またセッティングに時間を取ってしまうわけです。

僕は自分のアンプを持っていません。日本にいた頃は機材車があったので他のメンバーは皆自分のアンプを持っていたのですがアンプ購入には至りませんでした。もちろんメンバーには「買え買え」言われてましたが(笑)。日本の場合にはスタジオに行けばアンプはありますし、どのライブハウスも機材を揃えているのでそれらを使うのであれば機材を買う必要はありません。ただライブの度に「このアンプはどんな音がするんだ?どんなセッティングにしようかな?」と考えなければいけず面倒くさいのは確かです。ほとんどのライブハウスのベースアンプはコンポーネントタイプ(ヘッドアンプとキャビネットに分かれているタイプ)が多いのでヘッドアンプだけを購入して持ち込む人もたくさんいます。っていうか僕はベースアンプのキャビネット持ち込みはほとんど見たことがありません。ヘッドを持っていればスタジオの練習でもライブでも設定に困ることはありません。キャビネット(スピーカー)との相性もありますのでキャビネットが異なれば音も変わってしまいますし(=自分の考えている音が出ない場合もありますし)、リハとライブハウスで同じキャビネットが使える確率は低いのでこの場合も音に変化が出てしまいます。そしてライブハウスの音の回り方、響き方も重要なポイントになってきます。ミュージシャンやお客に好かれるライブハウス、嫌われるライブハウスというのは「音の響き方、聞こえ方」と関係があると思います。ステージ場でベース音が「ブ〜〜ン」ってずっと漂っているハコもありますからね。

今日は何位でしょうか?

僕は現在バンドメンバーのスコットに「アンプ買ったら?」と言われています。大学の練習ルームにはコンボアンプ(全てが一体化しているアンプ)があるのでそれを使っているのですが、アメリカでライブをする場合は自分たちで機材を運び込まなければなりません。現在は「SANS AMP BassDriver DI」というプリアンプを使っています。リハ、レコーディング、ライブ、どの場面でもこれは非常に役に立っています。DIボックスが付いているのでミキサー側に直接音を送れますし、電源もミキサー側から供給できます。リハもライブもこのプリアンプである程度の設定はしてしまうので、アンプ自体はあまりいじらないようにしています。太くて芯のあるサウンド、とでも言いましょうか、上手く言葉で表せないのですがとても良い音がします。ブレンドという目盛りが付いていてアンプの音とサンズの音を混ぜることもできます。ミドル(をいじるツマミ)が付いていればなぁ、と思ってしまうのですがこれだけ良い音が出るので良しとします。

多分ドラムのマイケルがギリシャから戻ってくる5月、6月頃にはボストン近辺でライブ活動を始めると思うのですが、それまでにアンプを購入する必要がありそうです。ベースアンプでパッと思い浮かぶのは「アンペグ」や「トレースエリオット」などでしょうか?アンペグはロックに強く、トレースはオールラウンドみたいなイメージが僕にはあります。日本のスタジオやライブハウスに行くとかなりの確率で置いてあるのがこの2ブランドだと思います。嫌いではないのですが僕的には「う〜〜ん」という感じで購入しようとは思いません。僕が一番気に入っているアンプは「ハートキー」というメーカーの物なのですが、とても太く芯のある音、気分が高まる振動音、サンズアンプ同様上手く言葉では説明できないのですが、音を出した瞬間に「オォ〜、これだよ!これ!」っていう感じで一目惚れならぬ一耳惚れでした(笑)。心地よい爆音、そして音の粒が見えるアンプです。ただ購入してもどうやって管理しようかなとか、ライブ以外で出番がないのではとか、いろいろな理由で購入まであと一歩というところで止まっています(決して安い買い物ではないので)。でもいつの日かフジロックでハートキー使って僕のベース音でお客さんを吹っ飛ばしたいなと、はい(笑)。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 09:42| ボストン ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ベース/トランスクライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セールっていつから?

外に出ると吐く息は白く、もう冬が手届くところまでやって来ているのだなと感じる今日この頃。昨日はほとんどのお店が閉まり、人通りも車の通りも少なかったのですが、今日は普段の生活と何ら変わらない風景が目に映っています。市内中心部(学校近辺)には出かけていないのですがサンクスギビング明けのセールっていうのは金曜から始まるのでしょうか?それとも月曜日から?「セール」という言葉に過剰反応はしませんが、ちょうど化粧水が切れてフェイシャルキットを揃えたいのでセールで安くなるのならその時期にまとめて購入したいなと考えています。

サンクスギビングというとアメリカ人はみんな家族の元へ帰るのかなと思い込んでいたのですが、バンドメンバーのスコットは帰らないと言っていましたし、うちのルームメイトも3人中2人は帰らずにアパートにいます。ひとりはボストン出身、もうひとりは親戚がボストンに住んでいるようなので食事だけしに行ったような感じでした。日本人の友達はみな「何もすることない、暇…。」とは言っているものの多分僕側から声を掛けない限り動かないでしょう。前のルームメイトの台湾人も先日セッションをしたときに「サンクスギビング何してるの?何処か飲み行くか?」と言ったところ「サンクスギビングは何も予定ないから連絡してよ」と。でも彼女がいるので彼を酒の席に呼び出すことを躊躇してしまいます。別に酒じゃなくてみんなで食事をしに行ってもいいのですが、彼が21歳になってからまだ一度も外で酒を飲んでないので男同士で飲みたいなとは思っているのですが、「彼女の規制が厳しく」なかなか飲めないようです。そして僕もホントは酒を飲んでいる場合ではありません。芸術史のレポートがまだ全然仕上がっていないからです。デッドラインギリギリになって慌てないとやり始めない、この性格どうにかしたいものです。

今日は何位でしょうか?

溜まりに溜まった洗濯物を現在ランドリーで洗濯していて、ランドリーの前の通り(コモンウェルス)を電車(Bライン)が通るかなと期待しながらデジカメで録画したのですが何も通りませんでした。あまりに寂しい動画だったのでボツです…(笑)。その代わりにアパートの周辺を録画したのでご覧下さい。今回は25秒くらいの動画です(音声無し)。どんどん右に動いて15秒あたりで映っている建物が今現在住んでいるアパートです。それから1月からの入居者が決まりそうだとルームメイトから報告がありました。これで確実に出られるかな?でも以前もこんなことがあって結局ボツになったことが数回あったのでデポジットを受け取るまでは安心できません。そして僕の新しい住居もまだ何も決まっていません…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

サンクスギビングって何?

サンクスギビングというとアメリカの祝日で七面鳥を食べる日、というくらいのイメージしかない僕にとって実際この祝日がどのようにして出来たかなど全く知りませんでした。中学、高校で習った世界史でサンクスギビング(感謝祭、収穫祭)又はその背景について学んだかどうかすらも覚えていないくらいです。

サンクスギビングはアメリカとカナダの祝日です。アメリカでは毎年11月の第4木曜日がサンクスギビングに当たり、この祝日はクリスマスの次に大きな祝日となっています。カナダではどのような扱いになっているのか分かりませんが10月の第2月曜日がサンクスギビングになります。親戚が一同に会するとても大きなイベントなので通常土日に挟まれている金曜日も休みになり4連休となります(カナダは土〜月の3連休)。サンクスギビングはほとんど自宅でお祝いするイベントなので独立記念日の花火みたいに大々的に外でもお祝いするということはありません。

サンクスギビングが終わるとすぐにクリスマスの買い物が始まります。サンクスギビング終了と共に街では大きなセールがあるようでモールなども朝5時とか6時にお店が開くようです。

今日は何位でしょうか?

1620年にイギリスから清教徒がメイフラワー号に乗ってアメリカ大陸にやってきました。着いた先はマサチューセッツ州のプリモス。冬に到着した彼らは寒さ、そして食糧不足による飢餓などでどんどん死んでいきました。しかしネイティブアメリカン(先住民)から食料を分けてもらったり、農作物の育て方や魚の捕り方などを教えてもらい食料に困ることなく生活することができるようになりました。そして1年後の11月には育てた食物がきちんと収穫できたことを祝い収穫祭(神へこれらの収穫を感謝するという意)を開いたわけです。もともとヨーロッパにはHarvest Festivalという名の収穫祭、感謝祭があるようです。

でも何でサンクスギビングには必ず七面鳥の丸焼きを食べるんでしょうね?一説によると清教徒の収穫祭のときに収穫できた食べ物だけでは足りずインディアン達が七面鳥を持ってきてくれてそれらを焼いて食べたのが始まりだとか・・・。僕はローストターキーよりワイルドターキー(ウィスキーの方ね)の方が大好きです(笑)。

追記:大々的なイベントはないと上に書きましたが毎年ニューヨークで「Macy's Thanksgiving Day Parade」(Macy'sはアメリカのデパート)というサンクスギビングのパレードが行われているんですね。知りませんでした・・・。今年2005年は日本人の歌手では初めてパフィーのふたりがパレードに参加したそうです。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ボストンの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

アメリカの化粧水

明け方の4時に寝て7時半に起きました。9時から音響学の授業があったので少し早めに行ったのですがサンクスギビング前日ということもあり通常30人近くいるこの授業も今日は10人足らずでした。少なかったおかげかどうかは分かりませんが完全には理解できていなかったデシベルについて理解することができました。例えば、トランペット奏者がひとりで演奏するよりもふたりで演奏した方が音が大きくなるのは分かると思うのですが、音の大きさは2倍にはなりません。例えばトランペットが80デシベルの音を出すとしたら2人で83デシベル、4人で86デシベル、8人で89デシベル…。演奏者が倍になるにつれ3デシベルずつ増えていきます。そしてこれらの問題を解決するときに使うのがみなさんも高校で習っている「log」です。僕はすっかり忘れていました。なので週末を使って練習問題などを解いてみようと思います。

今日のボストンは朝から非常に寒く0℃を下回っているように感じました(手を出してると若干痛いくらい)。11時からコンダクティングのテストを受けてきました。昨晩もたくさん練習したのですが完璧な指揮はできませんでした。オペラなのでテンポがかなり不安定で非常に指揮をしづらい楽曲でした。でもオーケストラはロックやポップと違い最初から最後までテンポが一定ということは有り得ない(というか毎小節テンポが違う)ので何十回、何百回と曲を聴き込まないと必ず指揮の最中に何処かで躓いてしまいます。僕はキュー出しが遅れたり、次小節のピックアップが遅れたり、ミスが多々ありました。ファイナルでは今までの反省を生かして指揮できるようにしたいと思います。

今日は何位でしょうか?

昼は友人と大学そばのチャイニーズへ。久しぶりに脂っこい物を食べました。でもはまる味(通ってしまう味)です。その後ひとりでコープリープレイス内にあるBath & Body Worksに行ったのですがお店の名前が変わっていました。何て言うお店だったかは忘れてしまったのですが、置いてある商品は何ひとつ変わっておらずフェイシャルケア用品やシャンプーなどたくさんの商品がありました。店員は皆白衣を着て店内のお客さんに声を掛けてはいろいろと相談に乗ってくれていました。僕はかなりの乾燥肌なので化粧水は手放せないのですが今まで使っていた極潤(←これはお薦めです。これのおかげか分かりませんが僕は3年くらい前から歳を取っていません。って取ってるんですけどね 笑。見た目が…。)が切れてしまい今後はアメリカの商品にしようかなと思って足を運んだのですが気に入った物が見つからずかなり困っています。候補としてRoCも考えているのですがどうも日本とアメリカだと取り扱っている商品が異なるようで自分のほしい化粧水は見つかりませんでした。やっぱり日本から送ってもらおうかな・・・。どなたか(アメリカで購入できる)ヒアルロン酸たっぷりの化粧水知りませんか?

明日からサンクスギビングなのですが予定は特になし。学校はもちろん閉まっているのでセッションはできません。友達とご飯でも食べにいこうか、なんていう約束をしているのですが、よくよく考えてみたら何処に食べに行くんだろう?何処も開いてないんじゃないの?特に木曜と金曜は外で遊べる雰囲気がないので家でレポート仕上げちゃおうかなと思います。サンクスギビングにレポートって元旦から宿題してるようなものなのかなぁ?今晩はさっき買い溜めしてきたお酒を飲みながら昨日借りてきたDVD(全部ナイナイ関係)を見ようかなと思います。

今日の写真はプルデンシャルセンター入口です。ボイルストンに面している階段、エレベーターの付近です。このようにクリスマスの飾り付けを街中でも多く目にするようになりました。

Nov_23.jpg

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 12:39| ボストン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

久々の日本の番組

昨晩から降り続いている雨も日が沈んだ当たりから弱まってきました。今日は授業がなかったのですが、明日コンダクティングのテストがあるため昼からスタバのコーヒーをすすりながら家で練習していました。1週間前に他のクラスの生徒(同じ先生)が授業中先生の指揮をビデオカメラに録画して自分のサーバにアップしていました。先生から「クラスの子がビデオをアップしているから必要であればダウンロードしてみては?」とメールをもらい急いでダウンロードしました。

今日寝ている最中に何回も電話が鳴りました。僕は寝ている最中に鳴る電話は気付いても取りません。相手がどんな急用だか知りませんがとにかく出ません。だってこっちは気持ちよく寝てるんですから(笑)。今日のその電話は毎回数秒で切れます。しかし切れた途端にまた鳴ります。でも僕は出ません(笑)。最終的に不在着信が17件になっていました。友人からの電話だったのですが起きて少し経ってから掛け直しました。「何で取ってくれないんだよ、何回も掛けてるのに!」と言われてしまいました。ごめんなさい…。友人が17回も電話してきた理由は上にも書いたコンダクティングのビデオがサーバから消えていたためコピーしてくれないかということでした。ビデオを録画した生徒も長期間サーバにアップしているはずもなく、友人がダウンロードしようとしたら既に消去されていたということです。夕方、今月末提出の美術史のペーパーの調べ物をするためにコンダクティングの練習をした後に大学の図書館へ出かけ、その後友人にコンダクティングのビデオのコピーを渡しました。明日は水曜日ですがサンクスギビングのため金曜日の授業スケジュールになります。なので朝9時からの授業があり早起きしないといけないのですが、コンダクティングに若干不安があるのでもう一度練習して寝ようかなと思います。

今日は何位でしょうか?

CDを渡した後に数ヶ月ぶりに友人の働いているビデオ屋さんに顔を出しました。今まで忙しくて日本のテレビ番組を見ている暇がなかったので全然行かなかったのですが、サンクスギビングにでもまとめて見ようかなと思い久しぶりに行ってみました。が、既に友人は帰ってしまったとのことでした…。結局バラエティ番組を数本借りて帰りました。帰宅後、数週間前に購入したモンスターケーブルのS端子ケーブルを使いPowerbookとテレビを繋いで見たのですが画像が悪くて目が痛くなってしまいました。40ドル・・・買わなきゃ良かった・・・。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 10:59| ボストン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

Better late than never.

今日は美術史、音響学、クラシック音楽理論の3つの授業がありました。朝から何も食べず気付いたら夕方の5時でした。こんなことをしていたら体に悪いな…きちんと食事をしなければ。週末にあるサンクスギビングを過ぎると待っているのはファイナルです。今日から来セメのレジストも始まりいよいよ今学期も終盤に差し掛かってきたなという感じです。5時間ぶっ続けの授業も終わり夕方学内にあるメールボックスに立ち寄ったら友達に会いました。「今度のサンクスギビング何すんの?」と聞かれて「いやぁ何もプラン立ててないんだよね。」と答えた僕に対して彼は「カナダ旅行に行ってくるんだ。もう心は既に旅行の方に向いてるね。」と楽しそうに言っていました。僕はまだカナダに行ったことがないのですが卒業前には必ずナイアガラの滝を見に出かけたいなと思っています。

それから数週間前に故障した録音機材ですが、大学の圧力のおかげなのか(?)機材の会社のサポートセンターから無償で修理をしますので送って下さい、とメールが来ました。でもあまりに箱が大きくて隣町なのに11ドルも掛かってしまいました。これでまた来月から楽曲製作ができると思います。ずっと楽曲配信をしていませんでしたが今年中には再開できればと考えています。

今日は何位でしょうか?

今日全ての授業が終わった後に駅へ向かおうと大学の前の通りを歩いていたら・・・「あれ?あいつ何処かで見たことがある・・・。ん?」定かではありませんが復学前に語学学校、大学と一緒だった友人でした。実は数週間前にも一度目撃しているのですが、どう考えても当時一緒だった人たちが現在も学生としてボストンにいるというのは有り得ないので「アメリカで就職した」というのが一番しっくりくる答えなのですが、僕より年下の彼はかなり疲れた顔をして完全に僕と年齢が逆転してしまっていました。もちろん彼は僕に気が付きませんでした。僕も何故か声を掛けられず、すれ違った後に再度後ろを振り返った程度で声は掛けていません。名前はもちろん覚えています。見間違いかなぁ?

その後駅に向かうとバンドメンバーのスコットがいたので途中まで一緒に帰りました。彼はバンドではボーカル&ギターですが本職はトランペットです。今日もトランペットの授業があったそうです。トランペットを持てばジャズを吹く男が、ギターに持ち替えるとロックになる。う〜ん、なかなかカッコいいじゃないですか。僕はベーシストですがエレキしか弾けずダブルベース(コントラバス)は全く弾けません。でも非常に興味があります。学生でいられる間に、ボストンにいる間に是非始めたいなと思っています。が、そんなに簡単に「じゃあ弾こうかな」と言って弾ける(手に入れられる)楽器ではありません。それに持ち運びも大変ですし、ダブルベースを始めたら他の専門科目に手が回らなくなる可能性もでてきます。自分で自分の首を絞めるのは嫌ですが、ここでダブルベースを習わずに卒業したら後々絶対に後悔するのは分かっています。さぁどうしたらよいものか?

追記:

Better late than never : 遅くてもしない(来ない)よりはまし。

マリナーズ入りが決まった城島選手の記事をネットで見ていて「挑戦」というところに共感できるものがあり今日のタイトルを変更しました。来シーズンも数少ないマリナーズ戦を見に行こうかと思っています。でもイチローは来シーズンもマリナーズにいるのでしょうか?真実は分かりませんが何だか大変なことになっていますね。それと古畑が見たい・・・。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 07:50| ボストン ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

バンド練習

今週末のサンクスギビングでメンバーは3人ともホームタウンに帰ってしまいます。そしてドラムのマイケルはそのサンクスギビング中に現在僕らが演奏できる5〜6曲を地元に帰り一人でレコーディングするらしいです(これはボーカル、スコットの提案)。そのため全曲を最終確認をするために今日も練習してきました。まだミニアルバムにも満たないくらいの楽曲しかありませんが、活動を始めてから1ヶ月弱の僕たちにしてはけっこう良いペースで進んでいるように思います。みんなでいろいろ意見を言い合うのですが、僕の発音(日本人アクセント)だと誰かが同時に楽器を弾いていたら聞き取れなくなってしまいます。なるべく思ったことは伝えようとしていますがそう簡単に言葉は口から出てきてくれません。それでも耳を傾けて聞いてくれるメンバーには感謝です。

今日は何位でしょうか?

今日は練習のために家を出た後に携帯を家に忘れたことに気付きました。「今から戻ると遅刻するし、別に電話することもないし、まぁいいか。」なんて思っていたのですが駅に着くと「今日は工事のため電車の運行はしておりません。シャトルバスをご利用下さい。」という看板が出ていました。これは遅刻しそうだなと悟りメンバーに電話しなきゃ、と思ったのですが携帯がない…。携帯を忘れた日に限って携帯がどうしても必要になるんですよね。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド活動/セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

Do you judge people by what they listen to?

いつもは大体夜中には日記を更新しているのですが今回の日記は日曜日に書いています。なぜなら昨晩は非常に嫌なことがあったから…。昨晩からルームメイトとの間に変な空気が流れています。嫌悪感という言葉がしっくりくるかなと思います。

昨晩キッチンへ行くとアメリカ人のルームメイト3人がデリバリーのメニューを見ていました。食器を流しに置きにキッチンへ入った僕を見てひとりが「Do you like Foo Fighters?」と聞いてきました。ちょうど昨日はバンドTを着ていたのでそれを見て聞いたきたわけです。「Yeah, that's my favorite band.」と言った次の瞬間、もうひとりのルームメイトが「I hate them!!! They're suck!!!」といきなり言ってきました。しかもかなりな真顔で。この時点で自分の大好きなバンドを「最悪だ。あいつらはダメだ。あいつらの音楽聞いていると頭が痛くなってくんだよ。」と言われた僕はいい気分がしないのは当たり前です。「俺はこのバンドが嫌いだ」これは彼の意見なので別に僕はどうも思いません。人には好き嫌いがあるので。でも何故彼らが「最悪」だとお前に分かるんだ、と僕は言いたい。お前は批評家か?と。うちの大学(音大)の学生でよくいる典型的なタイプが「あのバンドは良い、あのバンドは悪い。」と批評する人たち。うちのルームメイトもそのひとりでした。好きな音楽をいきなり否定されて、しかも真顔で、一瞬ムカっときたのですがここで感情的になるのは大人気ないと思い「どうぞどうぞご自由に言いたいこと言って下さい」と言って部屋に戻りました。

今日は何位でしょうか?

キッチンの向かいが僕の部屋なのですが彼らはその後もFOO FIGHTERSの悪口とそれを好きだと言った僕をバカにするような発言を20〜30分繰り返していました。僕のルームメイトは25歳です。怒りを通り越して悲しくなってしまった発言がひとつあります。「あいつが本当にFoo Fightersが大好きなバンドだ、なんていうならこの大学にいるべきじゃないよな。何しに勉強しに来てんだよ、って感じだよな。まじウケる。」彼らは僕がこの話を聞こえていないと思って話しているのか、聞こえるようにわざと大きな声で喋っているのか分かりませんが、その出来事がある直前までは非常に仲が良かったのにいきなり態度が豹変しました。2週間前に入居してきたルームメイトはただ2人の間に入って話を聞いているだけでしたが、もうひとりのルームメイトも彼に同調する形でゲラゲラ笑い出す始末。

「私はあなたの意見に反対です。私は○○のように思う。」こういう会話は日本人にはちょっとグサっとくるセリフですが、こっちでは日常茶飯事で平気な顔して反論してきます。でも反論は全然気にしません。だって相手の意見ですから。「僕はこのバンドが好きだ」に対して「いや、僕はこのバンドは嫌いだな。」これは相手の意見なのでOKです。でもどの口が「この音楽はダメだ」と言えるんだと。お前は神か?(笑)「この音楽はダメだ」なんていうセリフが許されるのは全ての音楽を熟知している優秀な音楽家ぐらいなもんです。そしてそういう音楽家は「あれはダメ、これはダメ」なんて言いません。

向こうは僕が怒るのを分かって言っているような雰囲気です。僕は怒りを通り越して悲しいというのが正直な気持ちです。今日は昨日とは違うFOO FIGHTERSのTシャツを着ています。大人気ないのは俺の方か?(笑)

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 14:54| ボストン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

週末はセッション三昧

バンド活動(その他ジャズセッションなど)の記事用に「バンド活動/セッション」というカテゴリを作りました。今後はバンド練習やセッションがあった日の日記はこのカテゴリで書いていこうと思います。

2週間ほど前から「18日の授業は私が来れないのでありません。」と先生に言われていたので今日は授業がありませんでした。毎週金曜日は夕方からバンドの練習があるので時間まで覚えた曲を再度練習することに。日が沈み完全に真っ暗になった6時半頃に家を出て練習場のあるオールストンへ向かいました。寒いです。今日の最低気温はマイナス1℃・・・。ちょうどメンバーがフロントデスクにいたため合流して一緒に部屋へ。今日はボーカルのスコットが体調が悪いらしく歌はなしで、コーラス担当のライアンだけが歌うことに。現時点で僕を含めみんなが完全に覚えている曲は4曲(少ないですね…)。4曲を一度通した後に新曲をひとつやりました。ボーカルのスコットとギターのライアンが曲を作っているのですが彼らの中ではもう少しストックがあるようです。ただそれらを僕とドラムのマイケルが知らない(聴いていない)だけなのですが…。そして話題はドラムのレコーディングの話(来セメ大学の特別プログラムでドラムのマイケルはギリシャで授業を受けるため今年中にドラムだけ録音してしまおうという話。詳しくは先週金曜日の日記参照。)になったのですが、時間が勿体ないから練習後にスコットの家でピザでも食べながらその話はしようということになり再度練習開始。2時間の練習はあっという間に終わりスコットの家に行くことに。

今日は何位でしょうか?

練習中に電話でピザを頼み「30分後に届けてくれ」と頼んだのですが家に着くと既にピザが届いていました。そして彼女が「何で時間通りに帰ってこないのよ。いきなりピザ屋が来たじゃないの!」とちょっとお怒りでした(笑)。そしてスコットは彼女を宥めるために寝室へ。僕ら3人は勝手に台所へ行きピザを食べ始めました。ライアンが「勝手に皿とか使っちゃマズイかな?」と言いながら皿にピザを取って、冷蔵庫を開けて飲み物も拝借。まぁ仲の良い友達の家だからOKかもしれませんが、彼女の機嫌が悪かったのでみんな内心ビビっていました。マイケルが「スコットは彼女と何してんの?」と言うと、いつもジョーク満載のライアンは電話を取り出して「じゃあスコットに電話してみるか。」と(笑)。今日のピザはソーセージピザとパイナップルピザでした。「トッピング何がいい?」っていう話になりソーセージ、バッファローウィング、オリーブなどが挙がったのですが、そんな中パイナップルと言い出したのはライアンでした。「パイナップル?ピザのトッピングにパイナップル?食えんのそれ?」パイナップルというと酢豚(給食)やタイカレーなどのミスマッチが思い浮かびます。しかしパイナップルピザは予想に反して美味しかったです。正直言うとソーセージピザより美味しかったです。

ピザをキッチンで食べた後リビングルームで音楽を聴きながらお喋りをしていました。アメリカ人4人の会話に入っていくのはかなり大変です。ちょっと気を緩めると何を話しているかが分からなくなります。僕のリスニングはまだまだですね。笑うところで笑えないし、会話途中で「で君はどう?」と振られると「え?え?」っていうことが多々あります。実際僕は彼らの話す言葉の何パーセントを理解しているのだろうと考えるとかなり低いパーセンテージなのではないだろうかと思ってしまいます。それでも一生懸命会話に付いていこうという努力はしています。相手の話す言葉に耳を傾けているときに突然ポケットの中の電話が鳴るとビックリします。昔のルームメイトからで「明日セッションがあるんだけどまたベース弾いてくれない?」とのお誘い。明日も2時から4時、4時から6時とセッション2本ハシゴです。

結局ドラムレコーディングの話は深いところまで話すことなくお開きに。ただ今週は日曜日もバンド練習があります。金、土、日曜とバンド練習とセッションがあり充実した週末が過ごせそうです。もちろん他の授業の宿題やテスト勉強もしないといけませんが…。

今回はひとつバンドを紹介します。スコットが大学に入る前に地元で組んでいたバンドが解散後に元のメンバー数人と他から集めたメンバーでArmor For Sleepというバンドを始めたらしいのですが、僕はそのバンドが好きでファーストアルバムを数年前に購入していました。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 09:10| ボストン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バンド活動/セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

そうだビールを飲もう!

今年も残すところ1ヶ月余りとなりました。復学してからもうそろそろ1年経つんだなと考えると時の速さにはただただ驚くばかりです。さて日本ではそろそろ忘年会のシーズンがやってきます。忘年会と言えばビール。と言うことで今回は僕のお薦めビールを紹介したいと思います。僕が好きなビールはサミュエルアダムスとギネスなのですが最近はHarpoon(ハープーン)というビールを飲んでいます。サミュエルアダムス同様ボストン市内にビール工場があり工場見学なども行われています。酒屋の前によくHarpoonのトラックが停まっているのを目にします。I.P.A.(India Pale Ale)やALEなどをよく店頭で目にすると思います。サミュエルアダムスやギネスが好きな僕が「好きだ」というビールなのでこのビールも濃いか薄いかで言えば濃いです。ただサミュエルほど濃厚ではないと思うので「濃いのは苦手」っていう人にも受け入れられるかもしれません。また今の時期だとOctoberfest(秋限定)も飲むことができます。サミュエルアダムスにも同じOctoberfestというビールがあるのですが、僕は断然HarpoonのOctoberfestの方が飲みやすいと思います。今もそれを飲みながら日記を書いてます。

日本でHarpoonが購入できるかは分かりませんが、ラガー大国日本でエールビールを広めてもらいたいものです。それから忘年会とはいえ飲み過ぎて救急車で運ばれたりしないように(笑)。写真は昨日飲んだパンプキンエール(左)とハープーンのオクトーバーフェスト。

Nov_16.jpgNov_17_3.jpg


今日は何位でしょうか?

放課後Trader Joe'sで夕飯の買い物をしたのですがレジ待ちをしているときに前にいたおばさんが「(商品に付いている)値札とレシートの金額が違うんだけど。」と店員に差額分の返金を求めていました。おばさんは4個入りのりんご3パックをレジに差し出して「ここには$2.69って値札シールが付いてるのにレシートは$2.99で打たれてるわ。どういうこと?」と不満そうな感じでした。しかし実際は店員が一部の商品に間違えて$2.69という値札を付けてしまったようで本当は$2.99が正しい値段のようです。「店員が値札シールを付け間違えたんだからそっちの責任でしょ?」すると店員は「全てのりんごが$2.69でしたか$2.99という値札は全く見ませんでしたか?」「そういう問題じゃなくてここには$2.69ってシールが貼ってあるでしょ!」というと店員は「だから見ましたか?他のりんごが$2.99だったことを?」と間髪入れずに言ってきました。「お店のポリシーでこういうときは差額分を返すんじゃないの?」と言うと「いえそんなポリシーはありません」と店員。「何私が悪いわけ?」とおばさん。「別にあなたが悪いと言っているわけではなくこのりんごは$2.69ではなく$2.99だということです。レジに通せば$2.99という表示もされますし。」するとおばさんはレジに出していたパックを店員側に押し倒す感じで「こんなのいらないわよ!もうお金返してちょうだい!」とりんご代全額返金を要求してきました。そして再度おばさんがりんごのパックを押し倒そうとしたので店員が「商品を乱暴に扱わないで下さい」と店員が注意。おばさんは最後に「もうこんなお店来ないわ!!!」と吐き捨てて去っていきました。あまりに店員の対応&態度が冷静すぎてびっくりでした。だって日本だったら「申し訳ございません。」とか言って差額分を返してくれません?

今日はいつも利用しているCラインの最寄り駅で電車を待っている間に写真を撮りました。葉っぱは赤いのですがほとんどの葉っぱが線路上に落ちてしまっています。昨日は何故か1日だけ暖かかったのですがまた今日からまた通常の寒さに戻りました。写真では2つの電車の間隔が狭いですが時刻表のないボストンではたまにこのように電車が詰まってしまうことがあります。写真には写っていませんが実はさらにもう1台後ろから来ていました。

Nov_17_1.jpgNov_17_2.jpg


いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
>
posted by まさと at 08:31| ボストン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール&アルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

何処で洋服を買いますか?

僕の趣味のひとつにネットオークションがあります。先日かなり気に入ったアウトドア系の冬用ジャケットをebayで見つけお気に入りに加えて毎日チェックしていました。日本では買えば3万円くらい、アメリカで買っても200ドルくらいはするジャケットが1年前購入の中古品ではありますが99セントで出品されていました。僕がそのオークションに気付いたのが1週間前なのですが既に入札者がいて10ドルまで値が上がっていました。それでもまだまだ安いです。数年前に友人から受け継いだ冬用のジャケットがボロボロに破けてしまったこともあり、ボストンの冬を乗り切るためどうしてもほしくなってしまった僕は「できれば50ドル以内、最悪2桁台」と自分の中で制限を決め落札方向で今日まで見守ってきました。そして今日が最終日だったのですが終了時間が東海岸の時間で午後2時13分。2時10分から授業があったのですが、どうしてもほしかったのでオークションが終了するまで見届けてから5分遅刻で授業に出ました。このオークションのために家からラップトップ持ってきましたら(笑)。家を出る前(午前中)に見たときは既に60ドル(入札件数11件)まで上がっていました。

そして午後1時半に学校で再度ネットを開くと午前中と変わらず60ドルのままで止まっていました。これはあまり敵がいないことを表しています。終了40分前なのにも関わらず数時間前から値段が変わっていないということは、周りの人たちが60ドルを高いと判断し入札を諦めたか、日中なので仕事中、又は授業中など時間的にオークションに立ち会えない(ネットを開けない)かのどちらかだと僕は判断しました。この時点で僕はまだ入札を1度もしていません。僕のやり方では喉から手が出るほどほしいと思った商品で、オークション終了時間に立ち会える(ネットを開ける)状況ならば最後の最後まで入札はしません。下手に途中で値段を上げたりするともし落札した場合に自分の支払う料金に反映されてしまうので(自分が値段を上げると周りの人が抜かれたと思い入札額を上げることがあるので)。

今日は何位でしょうか?

2時を過ぎて残り10分となったところで入札をしました。60ドルだったので僕は70ドルを最高額として入力すると64ドルで僕が現時点での最高入札者になりました。そして時間は刻々と過ぎていきます。残り5分を過ぎても64ドルのままです。「もしかして誰もこのオークションに興味がないのかな?」と思ったのですが心配だったのでもう10ドル上乗せして80ドルを最高額として再度入札しました。この作戦が成功したようです。残り1分を切ったところで値段が少しつり上がりました。他にも見ている人がいたのでしょう。64ドルが68ドルに。そして残り30秒で71ドルに。相手もムキになったのか残り5秒で76ドルまで上がりました。かなり心臓がドキドキいってましたがどうにか落札できてよかったです。学生の身分で洋服1着に76ドルは高い買い物かもしれませんが(流行廃りがなく着られるジャケットだから妥当な額かな?)、今までのオークションで自分のいらない物を売ったお金がPay Palのアカウントに数百ドル貯まっていたのでそこから引き落とされる形になります。言い換えるとデジカメ買い換え費用に手を付けた、ってことになるのですが・・・(笑)。

秋、冬用のインナーがボストンで全く見つからない(あってもルイスボストンのようにシャツ1枚で100ドル超えなので買えない)ので現在数着オークションで購入を考えています。中古品なので新品よりは安価で手に入る、というのとゲーム性(入札のタイミングや諦め時)を楽しむというのがオークションで購入する理由です。日本のブランドや日本で流行っている物を購入したいのであればYahoo!Japanオークションを利用するのがベストなのですが、Yahoo!Japanのオークション参加者(出品者)のほとんが国内のみしか発送しないためアメリカにいる僕はほとんど利用する価値がありません。今回は出品物を洋服に限定して話をしていますが、「これだ!」って思える日本食に海外で出会えない&日本で食べている料理と同等の材料集めが難しいのと同じくらい洋服購入でも「これいいなぁ!」って思える服がここアメリカ、少なくともボストンには全くありません。ここはアメリカであって日本ではないので日本の流行が直行便すらないここボストンに存在しないのは分かっているのですが、毎日着る洋服くらい心の底から気に入った物を着たいです(値段ではなくて)。買い物が大好きで日本のファッションが大好きな女の子なんてストレスが溜まってしかたがないのではないでしょうか?僕の友人の中にもアメリカで洋服を買ったことがないっていう人が何人かいます。いつも夏や冬に一時帰国して買い溜めしてくるそうです。僕も本当はそうしたいのですが卒業までは日本に帰らないという約束をしているため「洋服が…」なんていう理由で帰国はできないのです(笑)。アメリカに来てから洋服に無頓着になった・・・そういう考えだけは持たないように心掛けています。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 14:41| ボストン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

インプロが課題だな・・・

今日、火曜日は1週間でひとつも授業がない日。要するに休みの日です。昨晩「プロジェクト用にベース弾いてくれない?」と友達からセッションのお誘いが掛かったので夜大学へ行ってきました。声を掛けてもらえるのはやはり嬉しいことです。ベース人口が少ないと言っても学内に400人いますからね。友人のプロジェクトは音楽理論のクラスのものだったのですが毎度毎度リーディングは苦手で苦戦しております。他の人たちはスラスラっと読めてしまうのに僕はミスってばかり。数回通してすぐにレコーディングをしたのですが思ったよりすんなりいけたのでホッとしました。

今日は何位でしょうか?

その後はスタンダードを何曲かやったのですが自分の未熟さが形として、というか音としておもいっきり表れてしまいました。特にベースソロは最悪です。メロディを知らない曲はソロを弾いている途中で完全にロストしてしまいます。案の定ソロを弾いている途中に「あ、ごめんロストした・・・」とは言ったものの演奏を止めるわけにはいかずキーを無視して&何処で頭に戻ればいいのかも分からない状態で引き続けました。やはり日頃の練習不足がこういうところですぐに表れてしまうので、大体セッション後は自己嫌悪に陥ります(笑)。もう日付が変わってしまいましたが、これから今日の反省を兼ねて少し練習してから寝ようかなと思います。「ベースの知り合い他にいないから」という理由で声が掛かるのではなく「アイツに弾いてもらいたいから」という理由で声が掛かるようなプレイヤーになれるよう日々精進していきたいと思います。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

Autumn Leaves

毎週月曜日は11時から4時まで授業が連続しています。11時から1時までは美術史。レポートはサンクスギビング前には仕上げたいと思っているのでもう何回か美術館に足を運ぼうと思っています。1時から2時が音響学。月曜日に1時間、金曜日に2時間なのですが、先生の遅刻により今日はデシベルとLogについてかじる程度の授業でした。Logって高校のときに習ったなぁ、なんて呑気なこと言ってないできちんと復習しようと思います。2時から4時は音楽理論(クラシック)の授業でした。もうファイナルプロジェクトの内容が発表されました。理論のクラスは大体どのクラスも同じで理論を元に32小節の曲を作ってきなさい、というのが定番です。プロジェクトは12月提出なのですが来週までにメロディを4つ考えていかないといけません。そしてそれとは別に今日習ったおさらいのプリントも渡されました。この先生は宿題が多いですがその分確実に吸収していると感じています。

今日は何位でしょうか?

放課後、この時点で朝から何も口にしていません、ニューベリーストリートでウィンドウショッピングをしてきました。デジカメで動画を撮ったのですが30秒間でクルクル動いていたら目の回る絵になてしまいました。ニューベリーストリートの入り口近くにある・・・お店の名前忘れちゃったのですがパタゴニアとトライデントカフェの間にある洋服屋さんがセール(学割20%オフ)をやっています。動画の最後に映っているお店なのですがクルクル回りすぎているため何が何だかさっぱり分かりません。その後アメリカンイーグルなど何件か回ったのですが僕的なお店は未だここニューベリーストリートでは見つけられず今日も何も買わず終いでした。その後コモンウェルスアベニューの真ん中の道を通ってきたのですが映像や写真の通り落ち葉、落ち葉、落ち葉です。この映像もちょっと歩くペースが速かったためブレてしまっています。今度はズーム切り替えを混ぜながら動かずにブレない、見やすい動画撮影をしたいと思います。

Nov_14.jpg


いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 06:25| ボストン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

夕暮れのビーコン

今日は学校の図書館へカウンターポイント2の宿題で使うバッハのインベンションの楽譜とギターラボのファイナル用の楽譜をコピーしに行ってきました。つい先日まで黄色かった通りの木々の葉は真っ赤(と言うよりは薄れた赤)になっていました。帰りは少しビーコンストリートを歩いたのですが線路沿いに並ぶ赤く染まった木々と、空に浮かぶ真っ白な雲のコントラストが綺麗でした。途中で立ち寄ったスターバックスではカップがクリスマス用の物に変わっていました。通りの木々に巻かれているイルミネーションもそうですが、普段の生活の中でも、例えばスタバのカップのように、徐々に街はクリスマスに向かっているんだなと感じる今日この頃です。いつものように僕はコーヒーを注文したのですが店内にあるメニューが若干変わっているような気がしました。Peppermint Mochaっていうのは普段からあるのでしょうか?(僕はいつもコーヒーしか頼まないのでどれが新メニューだか実は分かっていません)。コーヒーを飲みながら歩く夕暮れのビーコンストリートもなかなか乙な感じです。夕暮れの写真があるかと思いきやコーヒーの写真だけなんですけどね・・・ごめんなさい。

Nov_13.jpg


今日は何位でしょうか?

これからランドリーに行って洗濯して、その時間を利用して部屋の掃除をして、さらに宿題をして、そして僕の今現在の楽しみでもあるレジストマニュアルを読んで来学期の授業スケジュールを決めようと思います。このマニュアルで酒が飲めるくらい、それくらいスケジュール決めが大好きです(笑)。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

週末恒例のセッション&ビリヤード

昼からはいつものように友人達とセッションをしてきました。今日は僕の大好きな「All The Things You Are」を変拍子で演奏しました。これは奇数小節は4分の4なのですが偶数小節は4分の3で演奏するというスタイルです。これがなかなか難しく僕はいつものようにみんなの足を引っ張ってしまいました。これでまた今週やるべき事(課題)ができたので良しとします。セッション終了後片づけをして部屋を出ると昔のルームメイトとその友人が外にいました。彼らは僕らの次にこの部屋で練習をするらしく「ベースいないから弾いてくれない?」と言われ、僕はそのまま同じ部屋で再度セッションをすることに。今日は2〜4時、4時〜6時と4時間ぶっ続けでのセッションでした。もう最後の方は集中力が切れてしまいました。それからセッションをやるときは必ず誰かが先頭に立って「次はこれ、その次はこれ」みたいな感じで進めていかないと時間がどんどん減っていきます。2時〜4時のセッションはリアルブックを見ながらやっているので時間を無駄なく使えているのですが、後半のセッションはジャズではなくロック(彼らのオリジナル)で譜面がなかったため進行を把握するのに時間が掛かってしまいました。さらに後半は全体的にだらだらした感じになってしまいました。いくつかバンド(セッション)をすると「このセッションバンドにはあれが足りない、これが足りない」と他のセッションと比較してしまいます。

今日は何位でしょうか?

夜は10時から先週も行ったコリアンビリヤードへ行ってきました。今日は全敗です(笑)。あと1個っていうところで先に黒玉を入れられてしまいました。それから黒玉と白玉を同時に入れて負けたのが3回もありました。3時間プレイしてひとり10ドルしないのは安いなと思います。まだまだ修行が必要ですがこれをずっと続けていったらそれなりに上手になるのではないかなと思っています。っていうよりは上手になりたいと願っています。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| ボストン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド活動/セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サミュエル アダムス ボストンラガー

サミュエル アダムス ボストンラガー
【パブの味わい!】 ギネス スタウト 330ml 瓶

【パブの味わい!】 ギネス スタウト 330ml 瓶


【330ml X 24缶】泡までウマイ黒ビール『ギネス・ドラフト』 330ml X 24缶 1ケース

【330ml X 24缶】泡までウマイ黒ビール『ギネス・ドラフト』 330ml X 24缶 1ケース
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。