2005年07月31日

ユーロビート

まだ僕がロックに出会う前、楽器を始める前、バンドを組む前、かなり昔ですが一時期はまって聴いていた音楽があります。それはユーロビートです。僕はダンスミュージックに詳しくないのですが、その当時TSUTAYAでレンタルしまくって聴いていたのを覚えています。エイベックスからリリースされている「SUPER EURO BEAT」というシリーズなのですが、当時の僕にはこのCDにハウスが収録されているとかトランスが収録されているとか、そんなことは全く分かりませんでしたし、違いも全く分かりませんでした。

ちなみにこのエイベックスから出ているコンピCD「スーパー・ユーロビート」はエイベックス社長、プロデューサーとして有名な松浦真在人氏が1980年代後半に直接イタリアのユーロビート・レーベルと交渉し契約したようです。そしてこのコンピCDはほぼ日本でしか消費がないため収録されている楽曲は海外で人気のある曲ではなく日本で人気のあるジャンルばかりをイタリアのレーベルが何年間も制作し続けるという珍しいタイプのCDです。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

ダンスミックスのプロジェクトをどうしようか考えていたのですが、ユーロビートを聴いていたことを思い出し若干希望の光が見えてきたように感じます。自分の中でハウスというとシカゴハウスをすぐに想像してしまうのですがユーロハウスというものあるんだと昔の記憶が教えてくれました(一昨日のリンク先のダンスマップを参照して下さい)。当時のサウンドがもし僕の頭の片隅に少しでも残っていればそこからアイディアを持ってきたいなと。これから頭の中身を整理しなくては(笑)。

最近MTV2を付けるとよく流れているCommonの「GO」が耳から離れません…。



いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

綺麗な女優さん

「Two Guys and A Girl」シャロン役のトレイラー・ハワードは現在USAネットワークで放送されている「MONK」に出演しています。毎週必ず見ているわけではないのでストーリーはよく分かっていませんが、Mr.Monkが異様なまでの潔癖性であることは数回見て理解しました…(笑)。トレイラー・ハワードが出ているので見ているのですが「Two Guys and A Girl」で彼女を知ったためマジメなキャラクターはどうもすんなり自分の中に入ってきません。やっぱり彼女のコメディが見たいですね。USAネットワークで放送されているドラマのCMは次回予告とは別に主人公がドラマのキャラクターのままでショートストーリーを演じるCMがあります。「MONK」の場合はMr.Monkがスーパーで買い物をしています。カートいっぱいに商品を詰めレジまで持って行くのですが彼は商品を買いません。レジスタッフの「全部お揃いですか?」という問いに対し彼は一言「これら全部賞味期限切れてます…。」と。そしてカートには賞味期限の商品が綺麗に積まれていました。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

「MONK」の後に「Head Over Heels」という映画がやっていたので見ていたのですが「この主人公の女優何処かで見たことあるな…。何の映画だったかな…?」しばらく考えて出てきたのが「マーサ・ミーツ・ボーイズ」でした。モニカ・ポッターは何と2人の子供がいて確か2人とも10歳を越えています。そんな風には全く見えませんね…。



いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ワンモ〜ア〜タ〜イム♪

MIDIアプリケーションという授業で出ている最後のプロジェクトがダンスミックスなのですが、普段ダンスミュージックを聴かないため大苦戦しております。オリジナルでも既存曲のアレンジでも良いのですがジャンルはハウスです。ハウス…聴いたことないし。Daft Punk?ボコーダー使った曲しか知らないし…。はぁ…ハウスのオムニバスでも買ってきて勉強しようかな。じゃないとプロジェクトが完成しそうにありません。

ダンスミュージックが好きな人はきっと気に入るでしょう。
Ishkur's Guide to Electronic Music!

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

禁煙居酒屋

日本はアメリカに比べればまだまだタバコを吸うスペースがあります。それはレストランで喫煙席が設けられていることからも分かると思います。居酒屋に至ってはタバコが吸えて当たり前、吸えなきゃ居酒屋じゃないだろ、という声まで聞こえてきそうです。ボストン(マサチューセッツ州)ではレストランはもちろんバーでもタバコを吸うことができません。僕はもうお酒を飲むにあたってタバコはいりませんし、逆にタバコの煙が服に付くのが嫌だと思うようになってしまったのでこの法律には万々歳なのですが、スモーカーにとってはある意味罰ゲームでしょう。バーの前を通れば店内で吸えないために外に出て吸っている人を見ることができます。居酒屋チェーンで有名な和民グループが今月18日に全国初となる全席禁煙居酒屋「手づくり厨房」1号店を赤羽にオープンしました。世の中にはたくさん「タバコは吸わないけどお酒は大好き」という人がいると思うので和民グループのように大きな会社であれば実験という意味も込めてとても面白いお店(企画)だと思いますし、今後このジャンル(禁煙居酒屋)が流行ればそれに伴い国内の喫煙者も減るかもしれません。ただ飲みに行く仲間(周りの友人)が全員ノンスモーカーである確率はかなり低いと思われるのでその場合は多数決で…(笑)。ちなみに僕は2週間後に「レストランやバーで喫煙は許されるべきかどうか」というリサーチペーパーを提出しないといけません。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

2005-07-28


大学の目の前を走っているマスアベをビーコンストリートの方まで歩いていくと「HSIN HSIN Cafe(我家)」というチャイニーズレストランがあります。その場所にチャイニーズレストランがあるのは昔から知っていたのですが行ったことがなかったので今日初めてお昼ご飯を買いに行ってみることに。ランチは全て4ドル台と学生の外食としてはお手頃価格ではないでしょうか。僕の胃袋には十分過ぎるボリュームでとても美味しかったです(中華なので脂っこいのはしょうがないですが…)。ただこの店には僕の好きなフライドヌードルとルームメイトが好きなライスプレートがありませんでした。ルームメイト曰く「お店のスタイル(四川や広東など)によっては置いてない料理もある」とのこと。ポストによく入っているチャイニーズのメニューですが、初めて知ったお店を僕はチャーハンの値段で通えるお店かどうか(高いか安いか)を判断しています。実際チャーハンの値段設定が高いお店は他の商品も高いので。チャーハン繋がりでひとつ。日本にいた頃友人が「初めてのラーメン屋ではチャーハンを頼め」と言っていました。「何で?」と尋ねると「まずチャーハンはよっぽどのことがない限りハズレはない。そしてチャーハンにはスープが付いてくるでしょ?そのスープはラーメンのスープだからそれを飲めばその店がどういうラーメンを出しているか(どういう味か)が分かる。」と言っていました。でもラーメン屋に行ったらやっぱりラーメンが食べたいです。ボストンでおいしいとんこつラーメン食べられるお店ないかなぁ。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

Two Guys and A Girl

コメディ(海外ドラマ)を見るようになったのはフレンズがきっかけです。今でも再放送は見ています。きっかけはジェニファー・アニストンが綺麗だったので見始めた、という何とも不純な動機なのですが、何話か見ただけでストーリーにどっぷりとはまってしまいました。面白いし英語の勉強になるし、ジェニファー・アニストンが出てるし(笑)。彼らのようにアパートのお向かいさんで部屋と部屋とを行き来する生活に憧れますね。ただ今日はフレンズの話ではなくフレンズと同じくらい大好きなコメディを紹介したいと思います。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?


今回は1998年から2001年にかけてABCで放送されていたボストンを舞台としたコメディ「Two Guys and A Girl」を紹介したいと思います。現在日本だとFOX Japanで「ふたりの男とひとりの女」という邦題で放送されています。ちなみに同タイトルの映画とは全く関係ありません。アメリカでは「 Women's Entertainment (WE)」(Comcastだと215ch)で再放送されています。ものすごく面白いドラマなのですが何故かオリジナルのDVDは発売されていません。

全4シーズンなのですが、1〜2シーズンは「Two Guys, A Girl, And A Pizza Place」というタイトルで3〜4シーズンは「Two Guys and A Girl」というタイトルで放送されていました。タイトル通り「ふたりの男とひとりの女」の3人、Traylor Howard(as Sharon/シャロン)、Ryan Reynolds(as Berg/バーグ)、Richard Ruccolo(as Pete/ピート)が主人公です。同じ大学の同級生である3人は同じアパートで生活しています。シャロンは2階に、バーグとピートはルームメイトで1階にそれぞれ住んでいます。1〜2シーズンはアパート以外にバーグとピートがバイトしているピザ屋(ビーコンストリートにあるという設定でお店の名前もBeacon Pizza)がよく出てくるシーンのひとつです。3〜4シーズンは3人とも大学を卒業してそれぞれ就職、恋愛とストーリーは次のステージに進みます。

バーグは弁護士である父親と同じ道を進むために法学部を選ぶのですが2シーズンの途中で法学部を辞め医学部へ転入します。それと何故か1〜2シーズンと3〜4シーズンに出てくるバーグの父親役は全くの別人です(笑)。ピートは建築家を目指し勉強していましたが、卒業間際に何社か面接をした後、自分のやりたいことは他にあるんじゃないか、と建築家の道を絶ってしまいます。そして以前から憧れていた消防隊員に見習い扱いで入隊することに。シャロンは大学卒業後に薬品会社に勤めますが、その薬品会社の製品は(不具合などで)よく問題を起こしていました。シャロンはその不祥事を上手くごまかすレポート書きが仕事だったのですが、こんなの間違っている、と辞めたい気持ちが芽生えてきます。消防隊員になる少し前までピートはアルバイトで食いつないでいたのですが、その時期(シャロンが仕事を辞めたいと考えていた時期)の彼の仕事は派遣会社のスタッフでした。ちょうど化粧品会社の仕事の募集が入ってきたのでそれをシャロンに勧めます。シャロンは薬品会社を辞めて化粧品会社へ行こうとするのですが、化粧品会社はピートのプレゼン(シャロンのための)を気に入りシャロンではなくピートが採用されてしまうことに。ピートはシャロンのことなどお構いなしに化粧品会社の社員になってしまいます。そしてシャロンは仕事がなくなり、ピートは化粧品会社の社員と消防隊員という2足の草鞋を履いた生活を始めます。シャロンにはボーイフレンドのジョニーがいるのですが、仕事のない彼女は彼の収入のみで生活していかないといけなくなってしまいます。シャロンの仕事がなくなり家賃が払えなくなってしまったシャロンとジョニーはアパートの地下部屋に引っ越しをすることに。ジョニーがアパート全部の管理(水漏れや配線、アパート内のトラブル全て)を引き受けることを条件に地下部屋を無料で貸してもらうことに。ジョニーは昔から貯めていたお金で家を買ったのですが、その家はあまりにもボロボロで幽霊屋敷のよう。ジョニーは自分の手でボロ屋を改装していくのですがあるとき火事にあってしまいます。理由は忘れましたがピートが何かをして燃やしてしまいました。この時点でピートは消防隊員なのですが…(笑)。幸運にも保険が全額下りたためふたりは一安心。バーグは研修医として病院で働き始め、大学時代から一緒で同じ学部のアシュレイと付き合うことに。

僕はシーズン4の途中までしか見たことがないのですが、どうやらこのコメディは話が完結しないまま中途半端な形で終了してしまうそうです。ものすごく大雑把なストーリー展開を書きましたが、主にシャロン、バーグ、ピート、ジョニー、アシュレイ、そしてバーグとピートのアパートの向かいに住んでいるアイリーンという女の子の計6人が頻繁に登場するコメディです。ボストンが舞台ということで最初は見始めましたがフレンズ同様このコメディにもはまってしまいました。もしこのコメディを見られる環境にある方は是非一度ご覧下さい。

バーグ役のライアン・レイノルズはこの「Two Guys and A Girl」をきっかけにブレイクしました。現在も数多くの映画(主にコメディ)に出演しています。



いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

マスアベの中心でシャッターを切ってみる

日本にいた頃は古着屋やビームスのようなセレクトショップを利用していたのですが、ボストンでは僕が求めているような洋服屋にはまだ出会っていません。ニューベリーストリートをコープリーを過ぎアーリントンの方まで行くとリカルド(だったかな?)というディーゼルの下にある洋服屋があります。ここはセレクトショップなのですが、時代が変わったのか復学前に比べ僕的な服はありませんでした。ボストンにも古着屋はいくつかあるのですが日本にあるようなアメリカを意識した古着屋(変な表現ですが日本の一般的な古着屋のことです)はここボストンにはありません(昔はあったのですが…)。その代わりケンブリッジ(ケンダル)にGarment Districtという大きな古着屋があります。とても安いので好きな人は何度でも通いたくなるかもしれません。ただここも僕的にはストライクではありません。僕が感じたのは古着屋というよりお古屋さんというイメージです。このお店は洋服の色遣いが上手な女性の方が有効活用できるのでは?と感じました。日本で言うところのHANJIROのようなお店が学生の街ボストンにもあれば絶対繁盛するのになと僕は思うのですが…。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

2ヶ月程前にニューベリーストリート沿いにあるオールストンビート(洋服屋)が閉店したのですが、よくよく考えたら10年以上もニューベリーストリートでお店を開いていたんですよね。10年前何してたかな?もしかしてボストンにいたりして…。ちなみにオールストンビートには一度も行ったことがありません(笑)。隣りのパタゴニアは大のお気に入りでシーズンごとに商品をチェックしに行っています。特にボストンの冬を凌ぐにはもってこいのジャケットがたくさん置いてあります。

2005-07-26_42005-07-26_5


ボストン市内で10代20代に人気があるのはバージン向かいのUrban Outfitters(カジュアルウェア)ではないでしょうか?

2005-07-26_1


復学後はここで一度も洋服を買っていませんが何故かよく行きます。ハーバードスクウェアにも1店舗あり、ケンブリッジに足を運んだときは寄っています。学生の街ボストンでは常に賑わっている洋服屋のひとつだと思います。上記アーバンの写真ですが上の階(正確には真上ではなく後方部)は学校の教室になっています。写真の左下に赤い箇所が見えると思いますがアーバンとレストラン(写真では見切れてしまっています)の間に入り口があり上の階は教室になっています。先セメはここで英語の授業を受けました。ここの教室はいろいろな学校の学生さんが利用しているようです。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー


とりあえずマスアベの中心に立ってみました。何も叫びませんでしたが…。

2005-07-26_22005-07-26_3
posted by まさと at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビックリマンから学ぶ男のジェンダーロール

今から20年前の1985年にビックリマンチョコという天使や悪魔のオマケシールが付いたお菓子が発売されました。どの時代にもカード集めという遊びがあり、男の子たちなら必ず通る道です。ビックリマン世代は現在の25歳前後(23〜30歳)に該当すると思うのですが、この世代にとってビックリマンというのは遊び道具であり、コミュニケーションツールであり、ステータスであり、そしてもちろんお菓子でもあり…。とにかく男の子たちの夢がいっぱい詰まっていたお菓子(遊び)、それがビックリマンチョコでした。当時1個30円のビックリマンを小学生が何個も何個も買えるわけがありません。お母さんから貰った100円玉を握りしめスーパーへ行ったのを思い出します。社会現象にもなったこのビックリマンチョコ。近所のスーパーでは「おひとり様3個まで」という貼り紙がしてある時期もありました。しかもチョコはお菓子コーナーにはなくレジカウンターの中にありました。そのためレジで「ビックリマン3つ下さい」と言って買っていたのを思い出します。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

袋を開けるとチョコには目もくれずまずはシールを確認します。そしてそのシールを見て一喜一憂するわけです。誰しもがヘッド(キラキラのシール)を当てたいと願っているのですが人生そんなに甘くはありません。箱で買うと2枚くらいの確率でヘッドが入っているという噂を聞いたことがあります。ちなみに1箱には30個のチョコが入っています。そして1箱まとめて買う行為を「大人買い」と当時の僕たちは言っていました。中には子供でもこの大人買いをする人たちがいて、小さい頃通りを歩いていた小学生にいきなり「これあげる」と言われ封の開いた30枚のウェハースを渡されたことがあります(笑)。

このシールを男の子たちはどのように使いどのように遊んでいたか?多分クラスの女の子たちは全く理解できなかったのではないでしょうか。ビックリマンシールは男のステータスなのです。なので持っているシールの全枚数やヘッド(キラキラのシール)の枚数、又は誰も持っていないようなシール(レアカード)などを持っていることで他の男の子との差別化を図ります。要するに「俺が一番だ」「俺はいいカードを持っている」「たくさん持っている」ということを証明するためのツールなのです。実際ステータスを気にするのは何年経った今でも変わりません。男はそういう生き物なのです。

それ以外にビックリマンは友達を作るためのコミュニケーションツールでもあります。お小遣いが数百円の小学生が何個も何個もビックリマンを買えるわけがありません。そのためみんなでそれぞれが当てたカードを見せ合いお互いに一喜一憂するわけです。そして「お前のカードいいなぁ。ほしいなぁ。」ということになれば「じゃあ、お前の持っているそのカードと交換してくれれば今回当たったこのカードあげるよ。」ということになります。上記で述べた「ひとり勝ち」のようなステータスもほしいのですが、カードを交換することにより仲間意識が芽生え、それがやがて信頼へと繋がっていくのです。男の子たちは仲間と共に一緒に成長していく、戦っていくという心をこういうところ(遊びの中)からも学んでいるのです。

さて、そんなビックリマンチョコと共に小学生時代を過ごしたビックリマン世代に朗報です。発売から20年を記念して今年2005年に何と「ビックリマン20th ANNIVERSARY」という名前で販売(復刻)されるそうです。お菓子も当時のままで、シールは何と全てヘッドのみだそうです。僕らの夢が詰まったビックリマン、これは「大人買い」するしかないでしょ!と言いたいところですが僕はアメリカにいるので買えません…残念。で、いろいろブログ巡りをしていたら「ビックリマン20th ANNIVERSARY」を大人買いした方の記事を見つけました。何と1個84円もするそうです。当時の価格から約3倍になっています。それでも1箱30個で2500円くらいなので1箱、2箱くらいは問題なく買えるかなと…。上記のサイトでも言っていましたが今回の「ビックリマン20th ANNIVERSARY」は小学生を対象としているのではなく当時の小学生を対象にしている感じがします。多分当時の小学生(現在の20代)は全員大人買いするんじゃないでしょうか?(笑)

で、もしたくさんのビックリマン世代が懐かしさと嬉しさのあまり大人買いをしたらどうなるか?こうなるんです。もちろんこれが原因かどうかはわかりませんが…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

トムにまつわるエトセトラ

昨日買ってきた30缶のビール。朝冷蔵庫を開けると半分に減っていました。僕は昨日2〜3本飲みましたが半分も減ってるって…。昨日は家に誰も来ていないので飲んだのはルームメイトです。もちろんひとりで(笑)。うちのルームメイトはビールを水のように飲みます。一口で飲む量が多いのでペースが速いときは10分で1缶空けてしまう感じです。ルームメイトは自分でたくさん飲むことを分かっているのでビール代は半々ではなく彼の方が少し多く払います(笑)。コーヒーと言いビールといいホント飲み過ぎです。一応彼のガールフレンド(夏休みで一時帰国中)には「あまりお酒飲まさないでね。」と言われているのですが…ごめんなさい飲ませちゃってます(勧めているのではなく僕しかお酒が買えないという意)。彼のお腹は20歳の男の子のお腹じゃないですね。ありゃ30歳越えてるな(笑)。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

チャンネルをクルクル変えているとよく目にするのがMTVで放送されている番組「Room Raiders」です。ひとりの女の子(ルームレーダー)が3人の男の子の部屋に侵入して相手の持ち物や部屋の様子なので相手がどのような人かを想像して最終的にその3人の男の子の中から1人を選ぶ(デートするという設定)という番組です。もちろん女の子は部屋を物色しているときは相手の容姿は全く分からない状態です。逆のパターンでルームレーダーが男の子のときやルームレーダーがゲイのときもあります。非常に前置きが長くなりましたが先日この番組でベッドのそばに双眼鏡を置いている男の子がいました。もちろんルームレーダーの女の子は「あなたPeeping Tom?」と言うのですが「Peeping Tom」って何でしょうね?「Peep」は覗く。そして双眼鏡を受けての言葉なのでPeeping Tomとは何となく「のぞき魔」という意味かなということは(辞書を引かなくても)予想がつくのですが、何でトムなんでしょうか?マイクやジョージじゃダメなんでしょうか?で、辞書で調べたのですが、

11世紀英国のコベントリー(イングランド南中部の都市)で領主が重税を課したとき、夫人のLady Godivaがやめさせようとした。領主は冗談半分に、もし夫人が裸で馬に乗って町中を歩いたらやめると言ったので、夫人は町民に戸や窓を閉めるように頼み、夫の要求どおりにしたとき、洋服屋のTomだけがこっそりのぞき見をしたため目がつぶれたといわれている。   〜研究社 NEW COLLEGEより抜粋〜

最後の目がつぶれたっていうのは意味が分かりませんが、要するにトムが約束破って覗いちゃった、ということのようです。現代のトムさんにはいい迷惑ですね。ただPeeping Tomは日常会話でも受験でも必要のない言葉なので覚えなくてもよろしいかと…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

Pass Out

夜中の2時に携帯電話を見ると不在着信が数件。今日はプロジェクトをやっていたので部屋にずっといたにも関わらず着信に気付きませんでした。現在の部屋は地下(半地下)のため(?)電波が悪いです。最高で5〜6本立つ電波も家では0〜1本です。たまに2〜3本になりますが一瞬で0〜1本に戻ってしまいます。表通りから見れば地下ですが裏口から見れば地上(1階)なので何でこんなにも電波が悪いのかなと疑問に思っています。部屋は裏口に面しているのですが窓際に行っても電波は全く変わりません。ただ面白いことに裏口のドアから外に出ると電波障害はなくなります。昔住んでた都内のマンションが電波障害地域という場所に指定されていたらしく全く家の中で携帯電話が使えませんでした。そんな経験があるからか家の中で電波が悪いのにはもう慣れてしまいましたが、やはり家で電話が使えない(又はすぐに切れてしまう)のはいただけません。日本には電波が悪い携帯電話のために「お助けアンテナ」なるものが出ています。全機種対応の安いアンテナであれば2000〜3000円で買えるのですが効力が値段に比例しているのかあまりお薦めできません。もしお使いの携帯電話がドコモで家の中だと電波が悪くて(圏外も含む)使い物にならない場合は一度ドコモショップへ行って「アンテナ」をレンタルすることをお薦めします。アンテナ(商品)の名前は「お助けアンテナ君」で、確かドコモエンジニアリング東北が開発した商品だったと思います。もちろん現在は全国どのドコモショップに行ってもレンタルできます。レンタルは無料で1週間ですが、本数に限りがあるのでタイミングが悪ければ数日〜数週間の待ちになることもあります。僕の部屋は先程も言いましたが電波障害地域でほぼ圏外だったのですがこのアンテナを使ったら3本になりました。アンテナに吸盤が付いていてそれをベランダのドアや窓に付けるのですがかなり良い効果を得られました。難点は長さは3m又は5mのアンテナなので吸盤を取り付けた位置から3m又は5mの範囲内でしか電話ができません。中野駅前のドコモショップにレンタルしたアンテナを返しに行ったときに非常にアンテナが良かったので購入しようと思い値段を聞いたところ確か1万円前後の値段を提示された記憶があります。僕はあまりの高さに購入を断念してネットオークションで出回っている安い(全メーカー対応)アンテナを購入したのですが、ドコモの「お助けアンテナ君」と同じ効果は得られず電波は常に「圏外〜1本」とアンテナを付けない状態と同じでした。現在の「お助けアンテナ君」の値段は分かりませんが以前よりは値段が下がっているのではないでしょうか?いつも圏外〜1本で嫌気がさしている方にはお薦めです。面白いほどバリ3が楽しめるので一度無料レンタルをしてみてはいかがでしょうか?

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?10位台に食い込めるか?

暑いとビールがとても美味しく感じます。僕もルームメイトもビールが大好きなのですが飲む量が多いので(特にルームメイトが)家で飲むビールは安く押さえようと先週から30本のケースを買うことにしました。しかもその中で一番安いビールに。近所の酒屋にある30缶ケースで一番安いビールはBUSCHというビールです。外で美味しいビールを頂くために家でのお酒は控える…のではなく極力安いビールにしようと…。ちなみに近所の酒屋でBUSCH(30缶)は18ドル、バドワイザー(30缶)は26ドルです。2枚目の写真はコーヒーカップならぬコーヒーバケツです。ルームメイトはダンキンドーナツのアイスコーヒー中毒で毎日必ずLサイズのアイスコーヒーを飲んでいます。そしてあるとき彼は悟りました「こんなに飲むならバケツにしちゃえ」と(笑)。実際この容器が何と呼ばれているかは知りませんがかなり大きいです。実際写真の350の缶と比べてもらえればその大きさが分かって頂けると思います。「これ容器が大きいから店員もどれだけ砂糖とクリーム入れていいかわかってないんだよね。」と店に置いてある砂糖とクリームをいくつも家に持ち帰り、買ってきたアイスコーヒーにさらに加えていました。昨日「コーヒーの飲み過ぎて一瞬意識失った…」とも言っていたのですが、そろそろ止めた方がよろしいのでは?

2005-07-24_12005-07-24_2

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

Craigslistを利用しよう

最近はまっているサイトがあります。ネットサーフィンをしていてたまたま見つけたサイトなのですがなかなか面白いです。東京農工大学の生協で働いている職員さんについて書かれているブログです。同大学の生協には購買に対する意見を募る「一言カード」というものがあるそうなのですが、それら生徒からの一言カード(質問や苦情)などに答えているのが生協職員の白石さんという方です。上記リンク先のサイトをご覧頂ければわかると思いますが、学生の中には面白がってとてもふざけた質問を書く人たちもいます。でも白石さんはどのような質問に対しても差別することなく親身になって答えてくれます。と言うかどんなにふざけた質問(答えようのない質問)でも白石さんの回答は質問者の上をいっています。「この質問にこう答えるか…。」と思わされることが多々あります。っていうか農工大の学生さんはいつもこんな質問ばかりしているのでしょうか?僕も昔都内にある某私大の生協で働いていたことがあるのですが、もしその当時にこのような目安箱みたいな制度があったら僕は間違いなく「くだらない質問」は捨ててしまっていたでしょう。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?早く25位以内に復帰したいです。

今週末はプロジェクトをやりながらネットで新しい部屋探しをしています。ルームメイトを探す際に一番役立つのはCraigslistというサイトです。いろいろなジャンルの情報を交換できるとても大きな掲示板です。世界各国、エリアごとに分かれているので僕はボストンのCraigslistをブックマークに入れていつもチェックしています。ちなみに日本のCraigslistには東京と大阪があります。毎日見ているのはルームメイト募集の掲示板なのですが1日に50〜100件くらいの書き込みがあり10日経つとサイトから情報が消えてしまいます。昨日ものすごい自分の条件に合う部屋を見つけたので急いでメールを送ったのですが、メールを書いている途中にその掲載記事の期限が切れてしまったようでメールを送ったら「記事の期限切れ」で戻ってきてしまいました。学校近辺ではなかったのですが、写真も付いていて掲載文を読む限りではかなり自分的なアパートだったので非常に残念です。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

歯はどこまで白くなる?

先日、歯にフィルムを付けて歯を白くする、というCMを見ました。隣りにいたルームメイトが「(CMに出ている人を指して)本当にあんなに歯が白くなるのかねぇ?」と言ってきたので「あれはわざと白く塗ってるんじゃないの?あんなに白くなんかならないって。」と答えたのですが実は最近その商品を購入しようかなと考えています(笑)。ただ長期間続けないと効果が現れないようなので購入に踏み切れません。その商品は15ヶ月間と言っていたような記憶があります。他のメーカーもホワイトニングフィルムを出しているのですが2週間分で25ドルでした。白くなる保証は何処にもないのにそんな大金はやっぱり出せませんよね。まぁ短期間で効果を実感したいなどと都合の良いことを考えている僕がいけないのかもしれませんが…。

いつも応援ありがとうございます。
今日は何位でしょうか?早く25位以内に復帰したいです。

タバコを止めて2年以上が経ちますが歯はかなりキレイになったと思います。5年間で歯に蓄積されたヤニをこの2年で自分なりに頑張って落としてきたつもりです。そしてこのフィルムを使えばさらに白くなるのでは?というのが僕の考えなのですが、甘いですよね?(笑)1回だけ買ってみようかな?これじゃメーカーの思うつぼだ…。

今日は3時からの授業(音楽理論)だけだったのですが教室へ行ったら「キャンセル」の貼り紙が…。帰りにハインズの駅周辺を撮影した1枚です。2枚目はTrader Joe'sで購入したピザです。あまりにお腹が空いていたのでひとりで1枚食べてしまいました。ご馳走様でした。

2005-07-22_12005-07-22_22005-07-22_3透明


いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

恋は盲目じゃない…!?

ここ最近Trader Joe'sのグラノーラにはまっています。普段は朝食を抜いている(というか食べていない)のですがこの頃は毎朝グラノーラに豆乳を掛けて食べています。あまりに美味しくて間食してしまうことがあるのですが、カロリーが高いので食べ過ぎは禁物ですね。僕が今飲んでいる豆乳(英語でもそのままSoy Milkと言います)は味がありません。味がないという表現はおかしいのですが日本で飲んでいた豆乳に比べかなり味が薄いです。甘みが全くないのです。日本で飲んでいた甘みのある豆乳(黄緑色のパックのやつ)が「豆乳」だと思っていたので、こっちの甘みのない豆乳を飲んで一瞬「な、な、何じゃこりゃあああ!!!」と松田優作ばりに叫んでしまいましたが(嘘)、現在はグラノーラに掛けているのでグラノーラの甘みが溶け出して問題なく飲めています。ただこの豆乳ををコップに入れてそのまま飲むのはちょっとできないですね…。

今日は夜からボストン郊外にあるコミュニティカレッジに英語(主にライティング・リーディング)の授業を受けに行ってきました。一昨日提出した1回目のエッセイが戻ってきたのですがグレードは「B-」でした。100点満点で換算すると81点です。自分としては最低でも「B」を取れると思っていたのでちょっと残念です。今回のエッセイに対する評価項目は「テーマ、アイディア」「組み立て方」「言葉(口調、トーン)」「文法」などがあるのですが、減点の対象は主に文法ミスでした。その中でも特に多かったミスは代名詞の使い方です。書いている本人は文中の「It」や「This」が何を指しているのか分かっているつもりなのですが、読み手にはそれが何を指しているのか分からないことが多々あります。例えば:

When Gloria set the frgile pitcher on the glass table, it broke.

この場合の「it」は何を指しているのでしょうか?多分「the frgile pitcher」だと思うのですが、ルールとしては文章内で一番近くにある名詞が対象になってしまいます。そのため書いている本人は「the frgile pitcher」を指しているつもりでも、この場合だと読み手には「the glass table」と取られてしまうこともあります。日本にいた頃「英語は代名詞を多用する」というイメージがあり(何でそう思うようになったかはよく分からないのですが…)それが未だに僕のエッセイには残ってしまっています。そしてもうひとつ

Love is Blind. This is true.

実はこの文章間違っています。「恋は盲目じゃない」なんてことを言うつもりはもちろんありません。だって恋は盲目ですから。ですよね?(笑)何が間違っているかというと「This」の使い方です。日本語であれば「恋は盲目。それ(これ)は本当だ。」となりおかしな箇所は全く見あたりません。書いている本人は「This=Love is Blind. 」と考えているかもしれませんが、英語の場合「This」は名詞を指すため「Love is Blind. 」のような文章を「This」に置き換えることはできないのです。「This」は代名詞なので名詞を指している、よくよく考えてみれば「あぁ、そうだよねぇ。」と間違いに気が付くかもしれませんが実際文章を書いてみるとこのようなミスはけっこう出てきてしまいます。さて「Love is Blind. This is true.」が間違っているとしたらどのように書けばいいのでしょうか?それは「This」を何か別の言葉に置き換えてあげればOKです。例えば

「Love is Blind. The(or This) proverb is true.」

他にもいくつか間違った代名詞の使い方や正しいカンマの位置(←これが非常にややこしい)などを習いました。これらを次のエッセイに反映させないと減点対象になるそうです。どうしましょ…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

「I」「My」「Me」を一度も使わないエッセイ

毎日Yahoo!JAPANトップページのニューストピックスを見て、日本での出来事をチェックしています。今日は眞鍋かをりさんがブログについて話している記事があったのですが、「読まれるブログ」と「読まれないブログ」については考えされられることがたくさんあります。実際今月頭の引っ越し後から更新が不定期になり内容もあまりなく(これは昔からですが 笑)、いつのまにかブログの更新がルーティーン化してしまい「とりあえず何か書かなきゃ」と思うようになってしまいました。写真も今月に入ってからほとんど撮っていません。写真も日記同様で「何か撮って掲載しなきゃ。でもここは前に撮ったな…。どうしよう…。」みたいなことを毎日繰り返しています。まぁ逆に開き直ると「このブログはボストンでの何気ない日常について」を前提に書いているので細かいことをいちいち気にしていたらどうしようもないのですが…。ただ「僕が考えさせられるとき」というのは大体こんな感じにいつも落ちるんですけどね…(笑)。

毎日毎日暑い日が続くボストンですがそのおかげで朝は時間通りに起きられます。そしてフジサンケイニュースを見るのも日課になってきています。今日は11時からMIDIの授業がありました。本当は今日がオーケストラプロジェクトの提出日だったのですが、今セメの一番最初の授業が先生の体調不良によりキャンセルだったのでプロジェクトの締め切りが1週間延びました。実際今日提出した生徒はひとりもおらず、忙しいのはみんな同じなんだなとちょっと安心してしまいました。しかしそんなことはお構いなしに今日からはファイナルプロジェクトについての授業が始まりいよいよ今セメも終盤へ向かっているんだなと実感しています。で、そのファイナルプロジェクトはダンスミックスです。自分で作るもよし誰かの曲をリミックスするもよし、とにかくダンスミュージックを作らないといけません。普段あまりダンスミュージックを聴かないのでロックなどを作るのに比べて時間を割いてしまうような気がします。予定ではハウスにしようかなと考えているのですがまだオーケストラプロジェクトが終わっていないので先に進めません。今週末あたりからは次のプロジェクトに移れるように頑張ります。

その後トライデントカフェでコーヒーを飲みながら明日提出のエッセイ(ファーストドラフト)の内容を考えていたのですが内容がまとまらなかったのでお店を出て隣りにあるニューベリーコミックスへ。先週発売されたThe All-American Rejects の「Move Along 」(何処よりも安く$7.99でした)を購入。彼らの音楽は簡単に言うとポップロック(パワーロックとも言うのかな?)ですね。ポップロック繋がりでもうひとつ、昨日MTV2で放送していたのですが現在僕の通っている大学の卒業生で「The Click Five」というバンドが8月にデビューアルバムを出すそうです。サイトでシングルが試聴できますがこういうポップロック僕は好きです。実際数年前まで自分も似た感じのバンドをやっていたので…。話が逸れてしまいましたが他にもKARL LARSSON(Last Days of April)のソロアルバム「PALE AS MILK」も探していたのですが見つかりませんでした(バージンにもありませんでした)。3時からの授業前に一度ラップトップを置きに家に帰ることに。2時頃に帰るとまだルームメイトは寝ていました。「お〜い、時間もったいないぞ!!!」とは言いませんでしたが「Time is Money」ですからね。

3時からの音楽理論では先週やったミッドタームが帰ってきました。クラス15人中「A」が4人、「B」が8人ということで12人が「B」以上だったので先生も「Not Bad」と言っていました。僕も12人の中に入っていました。授業後KARL LARSSON(Last Days of April)のソロアルバムを探しにケンブリッジのタワレコへ。昔はバージンの場所にタワレコがあったのですがなくなってしまいました。ハーバードスクウェアから徒歩数分のところにあるタワレコ、かなりこぢんまりとした店舗でした。タワレコのウェブサイトでは商品の確認ができていたのでどの店舗でも置いてあるのかと思ったですがここにもお目当てのCDはありませんでした。インポートCDではありますが大きいところにはあるのかなとけっこう期待していただけに購入できず残念です。

これから明日提出のエッセイを書くのですが、今回はいくつか指定された諺の中からひとつをピックして第三者に例を含めながら説明をしなければなりません。ルールがひとつあり「I」「My」「Me」の使用が禁止されています。今まで書いたエッセイの中で上記の3語を一度も含まなかったエッセイは書いたことがないのでどうなってしまうのか仕上がりが心配です。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。

最寄り駅St.Mary Station近辺の写真です。

DSCF2116.JPGDSCF2117.JPGDSCF2118.JPGDSCF2121.JPG
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

このままプールに飛び込みたい

日本は今ものすごい暑いというのを朝放送しているフジのニュース番組で知りました。熱中症予報?みたいなものがあるようですね。ボストンも毎日暑い日が続いています。外に出るとやる気が出なくなる感じです(笑)。最近は家の中も暑くなり始め落ち着いて勉強する場所がありません。先日学校へ行ってプロジェクトを片付けようとしたのですが、学校と自分の音楽環境が一緒じゃないため「やりづらさ」を感じてしまいました。結局その日は作業が捗らずすぐに引き上げてしまいましたが。最後の手段は自分のラップトップを持ち込んで機材の揃っている教室を使うしかないかなと考えています。エアコンがあれば…と考えていますが良いダイエットになるかな?(笑)汗かいて痩せる前にこの暑さで食欲がなくなりそうです。

午前中ミッドタームを受けてきました。前回のクイズよりは手応えがありましたがまだまだ完璧ではありません。ファイナルでは100点を取れるようにとにかく暗記しまくります。夜はコミュニティカレッジで英語の授業でした。外は暑いのに中は寒すぎ…。今日エッセイをひとつ提出したのですがそれと引き替えに新たなお題が配られました。ラフドラフトは明後日木曜日までです。音大のプロジェクトと平行して進めていかなければなりませんが、フルで取っている学生に比べれば僕はまだまだ余裕があるはずなのに何でこんなにテンパってるんでしょうか?せめて家の中が涼しくなってくれれば…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

あれを片付けて、これを片付けて

昼に起き近所のランドリーへ。外はかなり暑いです。でも家を出ると家の前の道路が濡れていました。明け方に雨でも降ったのかな?それとも誰かが水をまいただけ?大通りには雨の降った形跡など全く見あたりません。洗濯機が回っている30分の間にクーリッジコーナーへ行き、ウォルグリーンで歯磨き粉、サブウェイでサンドイッチ、Trader Joe'sでフルーツグラノーラをそれぞれ購入。洗濯機を回してから40分後くらいにコインランドリーに戻ってくるとちょうど良い具合に洗濯が終わっていてそのまま乾燥機へ。洗濯はクウォーターが8枚(2ドル)必要なのですが、乾燥機はクウォーターが1枚で7分なので洗濯物の量によってはそんなにかかりません。今日はジーンズなどパンツを5本を別に洗濯していたのですが、普通の洗濯物と共に5枚ずつ入れて帰宅しました。

帰宅後サンドイッチとチキンヌードルスープを食べながらちょっと休憩して1時間後に洗濯物を取りに行ってきました。ジーンズは全てボタンフライの部分が半乾きでしたが5着を5枚で乾かせたのにはけっこう驚きました。もう一方の洗濯物もかなり量がありましたが5枚で十分でした(今度は4枚にしてみます)。帰宅後部屋の掃除をしてシャワーを浴びて…。ここまでの作業が済んでようやく今日自分がやらないといけないこと取りかかれます。まずは明日(火曜日)提出予定のエッセイ。500語以上ということですが気付いたら700を越えていたので書くのを止めました(笑)。こう言うと手抜き感が強いですね。700語を越えていたので上手くまとめに入りました、どうでしょうか?(笑)

先日ルームメイトがカレーを作ったのですがお米が切れてしまったためTrader Joe'sへ買いに行くことに。がしかし「お米」が見あたりませんでした。なのでその場しのぎで冷凍ご飯を買って帰りました。ついでにTrader Joe'sでビール瓶を返してきたのですがスミノフとかTrader Joe'sで売ってない商品は受け付けてくれませんでした。初めて機械で回収してもらいましたが瓶を吸い込んで機械の中で割っちゃうんですね。かなりびっくりしました。

さて汗をかきながら現在カレーを食べてビールを飲んでいます。今日もうひとつやらないといけないことは明日の「Histry of Western Music」のMidterm Examの勉強です。なので明け方までは眠れません。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

17日(日)の日記

今日は火曜日なのですが時間の都合上まだ書いていなかった17日(日)の日記を書いています。2日前のことなのですが思い出せません…。前日16日は二日酔いのまま遊園地へ行って…。確かプロジェクトをどうにかして終わらせないと行けなかったので学校へ行きました。実際に作業をしようとしたのですが自分の使っている機材など環境が異なるためやりづらいことが多々あり、全く作業が進まなかったので1時間ほどで帰宅しました。家は暑かったですが作業に取りかからないと先には進めないので夜中までずっとシークエンスソフトとオーケストラの譜面を繰り返し見ていました。でも結局終わらなかったです…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

遊園地(前編)

明け方の4時に寝たのですが6時にものすごく喉が渇いてしまい近所のダンキンドーナツで水を購入してまたベッドに戻り9時まで寝ました。9時ちょうどにルームメイトがドアをノックしてきましたが、実際は6時からあまり眠れていませんでした。起きてから軽めのシャワーを浴び9時半に家を出て友人の家へ向かいました。眠くて怠いです。頭は全く痛くありませんがお腹の調子があまりよくないです。酒飲んだ翌日にジェットコースターに乗るのはさすがに無理があるかなと思っています。しかしここまで来て「やっぱやめるわ」とも言えずどうにかなるだろうと腹をくくりSix Flagsへ向かいました。Six Flagsとは全米にたくさんある遊園地です。ボストンから一番近いところは西へ車で1時間半〜2時間のところにあるスプリングフィールドという街です。マサチューセッツ州内にあります。ルームメイトの友人と僕とルームメイトの共通の友人など全部で5人。友人の運転する車に揺られながら「う〜気持ち悪いかも」と早くも弱音を吐く僕ですが「そんなのは、向こうに着けば治るって」と他人事のような返答をする友人。「ジェットコースターで回転したら絶対吐くし」と言えば「俺にはかけないでね」と自分の心配をする友人。普段の生活で車は使わないし、高速道路からの景色もあまりに見ることができないので見ておきたかったのですが、睡眠不足&飲み過ぎの自分の体のことを考えると車内で寝るのが良いと考え目的地に着くまでの時間を仮眠に充てました。

お昼頃に遊園地に到着したのですが土曜日ということで駐車場は満員で止めるスペースが見つかりません。結局遊園地の入り口から一番遠い駐車場に止めることに。ものすごい広い駐車場なのですが、これが満車ということは一体どれだけの人が園内にはいるのでしょうか?遊園地と言えば2年前に富士急ハイランドに行ったきりですが、あのときは前日富士五湖でキャンプをしていて風邪を引いてしまいそのまま遊園地に行ったのでかなり最悪でした。そして今回も具合が悪い…。楽しむ場所で楽しめないのは辛いです。

入場料は大人は$41.99ですが、友人がコカコーラの缶を持参していてその缶には「これを持参すれば入場料を割引します」と書かれていました。割引後の値段は$33.99でした。さてまずは何に乗ろうかなとウキウキしているのは僕を除く4人。入り口でスタッフの人に写真を撮って貰いさらに奥へと進んでいきました。ちなみにこの写真は有料の写真で、もしほしければ園内の写真屋さんに寄ればテレビ画面でどんな風に写っているか見せてくれます。一番最初に乗ったのはBlizzard Riverという円形のボート(8人乗り)に乗り川を下っていくというアトラクションです。途中に滝がいくつかありボートがクルクル回転しながら川を下っていくので誰がびしょ濡れになるかわかりません。並んでいる人数が8で区切れなかったので僕たちは5人だけで乗ることができました。さて誰が濡れるのか…。荒い川の流れに身を任せ最初の滝がやってきました。この滝と僕の位置はかなり離れているので多分濡れないだろうと思っていたら滝の目の前でボートが何故か急回転…僕が濡れました。全員大爆笑…まじかよ…。そして2番目の滝がやってきました。1回目が僕だったので2回目は違う人でしょ、と思っていたらボートがクルクル回って僕の頭にクリティカルヒット。もうびしょ濡れです。そして最後の滝は…もうどうでもいい、そう考えていたら3つ目も僕の体に見事にヒット。なんだこれ(笑)。そんなこんなで1つめのアトラクションからびしょ濡れになれました。

16日(上記)の続き「後編」は後日時間を見つけて書きます。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。

2005-07-16_12005-07-16_22005-07-16_32005-07-16_4
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

アイリッシュパブで飲むギネス

今日は大学の友人とビーコンストリート(ほぼMass Aveとの交差点)にあるクロスロードというアイリッシュパブに行ってきました。かなり久しぶりに来ましたが店内は昔と変わっていませんでした。今日はフェンウェイパークでヤンキースと対戦ということもありバーにはたくさんの人が来ていました。サミュエルアダムスとギネスのドラフトを何杯か飲み、定番のバッファローウィング(辛いチキン)も手を汚し口をヒリヒリさせながら食べました。

夜の10時から友人が大学でカフェショーをやることになっていたのですがあまりにも飲むことに夢中になりすっかり時間を忘れてしまいました。「行ければ行くから」とかなり適当な返事をルームメイトにはしていたのですが、結局ルームメイトから11時前電話があり「もうカフェショー終わっちゃったよ。まだ飲んでるの?」と。そしていきなり「明日暇?空いてる?」と聞いてきました。「空いてるけど何するの?」「#$*&^@するんだけど。空いてる?」「えっ?ごめん聞こえなかったもう1回言って。」「#$*&^@するんだけど。」「えっ?」5回くらいこの会話が続きました(笑)。何故か大事な部分だけ全く聞こえず家に帰ったから聞くことに。

電車が走っていなかったので歩いて家に帰ろうとしたのですが、けっこう酔っていたのでタクシーを捕まえて帰ることに。支払いの時、20ドルを渡して運転手に6ドルで14ドルをおつりで返してもらおうとして「16ドル返してください」と言ってしまい「チップくれないの?別にいいけどね。」と言われてしまいました。一瞬何が何だか分からなく1、2秒ほど考えてから「あっ!ごめんなさい。間違えました。」と言って6ドルを支払いました。酔っていたのか、計算ができなかったのか、先月数学を取っていた僕としては前者であってほしい(笑)。

帰宅後冷蔵庫に入っている冷えたビールを取り出し、食べきれず持ち帰ってきたバッファローウィングをレンジで温めルームメイトと食べました。「で、明日何するって?」と先程の電話のことを聞いたところ「昨日(木曜日)学校に行くときジェットコースター好き?って聞いたでしょ。」「あぁSIX FLAGS(ニューイングランドにある遊園地)のこと。」「そうそう、それ明日になったから。朝10時に待ち合わせだから、9時起きだね。よろしく。」酔ってたので「うん、分かった」と返事をしてしまいましたがこれは間違いのもとでした。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。

2005-05-24
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

もっと集中しましょう

ここ数日家の中も暑くなってきました。寝苦しいまではいきませんが朝起きたらシャワーを浴びないと気持ち悪いです。

水曜日に繋がったケーブルですが昨日突然繋がらなくなりブログの更新ができませんでした。書いているのは金曜日のお昼ですが現在は問題なく繋がっています。

火曜日と木曜日はコミュニティカレッジでEnglish Compを受けるため片道1時間くらいかけて通っています。最近は夕方のグリーンライン(インバウンド)の速度が異様に遅く通常の2倍ほどの時間が掛かってしまいます。先週から始まった今セッションも今日で3回目の授業です。毎回4時間の授業なのですが今日はものすごく長く感じました。初回の授業では今後の授業展開などの話だったのでそれほど長いとは感じませんでした。2回目の授業は最初の2時間を図書館の利用方法に充てたのでこの日も長いとは感じませんでした。そして3回目の今日は6時から10時までずっと授業だったのでかなり長く感じました。間に15分休憩が1回ありましたが途中で集中力が切れてしまった人もいて、爆睡している人、「この授業つまんない」とブツブツ言う人、掛かってきた携帯電話に出ちゃう人(もちろん小声で)、そしてそれを見て自分から電話をしちゃう人(もちろん小声でこっそりと)、30人中2〜3人がこんな感じです。講義を聞いている最中に周りで小声で会話をされると集中力が散漫してしまいます。

帰宅後はここ最近定番となっているチャイニーズのデリバリー。昼にサンドイッチを口にしただけであとは何も食べていないのでかなりお腹が空いています。でもどんなにお腹が空いていてもこっちのチャイニーズは量が多いので1回で食べきることができません(もちろん食べる人もいるでしょう)。そのため残して翌日に食べるのが普通です。2回に分けられるので経済的ですね(笑)。食事をしながらルームメイトが持っている「サウスパーク」のDVDを見たのですが、これは親からの苦情はこないのでしょうか?とちょっと気になってしまいました。番組内でFとかSを覚えやすいメロディにのせて歌っていたのですが、多分子供はすぐに覚えて翌日学校で歌ってしまうと思います。実際僕もメロディは1回聞いただけで覚えてしまいました。作曲という音楽の観点から見たらとても素晴らしいことなのですが、詞の内容が…。

いつも投票ありがとうございます→人気ブログランキングバナー

人気blogランキングに参加しています。上位に食い込めるようみなさんのワンクリックをお願いします。
posted by まさと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校、宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

Music Batton

Poohさんから引き継いだMusic Battonです。

<今パソコンに入っている音楽ファイルの容量>

約14ギガバイト(笑)。
僕のiTunes、全局表示にすると「合計時間」が「時間」ではなく「日にち」で表示されます。
ちなみに約8.5日です(笑)。
「そんなに入れてたってどうせ聞かないでしょ?」って思うかもしれませんが、う〜ん、残念ながらそういう問題じゃないんだな(笑)。

<最後に買ったCD>

ブログ内でも紹介していますが、FOO FIGHTERSの「In Your Honor」です。

<今聴いている曲>
2週間前まで「くるり」にはまっていましたが、
先週からは「ミスチル」と「スピッツ」にはまってます。
今まで共にシングルをちょこっと聴いていたくらいだったのですが
今回初めて両方のバンド真剣に聴いてます。
歌詞の重要性をここ数日痛いほど感じています。

大体1〜2週間くらいのサイクルで僕の中で楽曲が入れ替わります。

<よく聴く、または特別な思い入れのある5曲>

「Monkey Wrench」by Foo Fighters
97年の曲ですが、ずっと聴き続けています。
とにかく大好きな曲です。
「Sweetness」by Jimmy Eat World
Emoにはまった最初の曲です。
かなり衝撃を受けたのを今でも覚えています。
「Bittersweet Symphony」by The Verve
当時好きだった子とボストンコモンを歩いたときのことを思い出します。
「All Will Break」by Last Days of April
自分の中でボストンの冬をイメージさせる曲です。
「Basket Case」by Green Day
94年か95年、ボーリング場のプロモで知りました。
洋楽を聴くきっかけになった曲です。

多分まだ探せばいっぱい出てくるとは思うのですが…。
ちょっとロックばかりで偏り過ぎてしまいましたね。
まぁ元からロック人間なので勘弁して下さい(笑)。

<バトンを渡す5人>

3人で…。JackieさんSoichiさんユカさんにお願いしたいと思います。
posted by まさと at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。